熊本大学大学院生命科学研究部附属健康長寿代謝制御研究センター 発足式及びシンポジウムを開催

 平成30年5月1日に設置された熊本大学大学院生命科学研究部附属健康長寿代謝制御研究センターの発足式及びシンポジウムを5月2日に開催しました。
 シンポジウムに先立ち、総合研究棟にて発足式が行われ、原田学長、安東研究部長、山縣センター長の挨拶の後、看板掲揚となりました。
その後、山崎記念館へ場所を替え、「キックオフシンポジウムくまもとから目指す健康長寿社会」をスローガンに、ワシントン大学医学部教授の今井眞一郎氏並びに東北大学教授の片桐秀樹氏による特別講演が行われ、集まった105人の研究者は熱心に研究内容に耳を傾けていました。
 また、シンポジウムでは、生命科学研究部教授によるディスカッションも行われ、日頃の研究の取り組みを発信する場となりました。

発足式
健康長寿代謝制御研究センター発足式
(左から)竹屋元裕理事・副学長、原田信志学長、安東由喜雄生命科学研究部長、山縣和也健康長寿代謝制御研究センター長

キックオフシンポジウム
キックオフシンポジウム「くまもとから目指す健康長寿社会」

20180502-3.jpg
健康長寿代謝制御研究センター スタッフ一同

お問い合わせ

生命科学系事務課 医学事務チーム

096-373-5912