現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(生命科学系)

お知らせ(生命科学系)

12.08.28
その他
山崎 正董先生大礼服贈呈式を挙行しました
12.08.28
その他
臨床医学教育研究センター完成記念式を挙行しました
13.06.06
「グローカルな健康生命科学パイオニア養成プログラムHIGO」が、平成24年度「博士課程教育リーディングプログラム(複合領域型)」に採択されました
12.10.19
研究
「柴三郎プログラムキックオフシンポジウム」を開催しました
13.03.01
研究
「発生医学の共同研究拠点」に関するWEBアンケートにご協力ください
13.06.07
その他
企画競争に関する公告(本荘団地・北地区医学総合研究棟3階売店運営業務)
13.06.07
その他
企画競争に関する公告(本荘団地・南地区福利厚生施設食堂等運営業務)
13.12.13
研究
世界で初めてヒトiPS細胞から3次元腎臓組織作成に成功~腎臓再生医療への扉を開く~
13.12.16
研究
ES細胞から成熟膵β細胞を作製~糖尿病の治療を目指して~
13.12.16
研究
エイズウイルスの感染能力を消失させ破壊する酵素をGANP分子がウイルスの中枢へ運び込むことを発見
13.12.16
研究
生命科学研究部循環器内科学の小川教授が井村臨床研究賞を受賞
13.12.24
研究
プロスタグランジンE2による皮膚炎症惹起のメカニズムを解明~副作用がなく炎症を抑える薬の開発に道~
14.01.28
研究
がんの転移抑制へ期待 がんの転移能獲得機構の解明と転移促進因子を不活性化する酵素の発見
14.03.04
研究
遺伝性脂質異常症の原因タンパク質の糖鎖修飾に関わる新しいメカニズムを解明
14.03.12
研究
飽食・肥満による糖尿病発症のメカニズムを解明~メタボリック症候群の病態進展阻止への手掛かり~
14.04.02
研究
脂肪肝・肥満の増悪因子の発見とメカニズムの解明~生活習慣病抑制への期待~
14.04.18
研究
ヒトES/iPS細胞の未分化能維持と分化 におけるメチオニン代謝の役割を解明 ~ヒトES/iPS細胞の高効率かつ安全な分化細胞の作成へ期待~
14.06.11
研究
ビタミンA類縁化合物による新たなアルツハイマー病治療法を開発~アルツハイマー病モデルマウスを用いた解析~
14.11.12
研究
コンピューターを用いたヒトiPS細胞の形態診断法の開発-iPS細胞とその分化における自動識別と質の保証-
14.11.13
研究
日本発:肥満2型糖尿病に対する新規医療機器の臨床的有用性を証明~薬を用いない、あるいは併用による新たな医療の提案へ~
14.11.13
研究
頭頸部癌患者に対するペプチドワクチン投与で大きな成果!!
14.11.25
研究
生命科学研究部血液内科学の満屋教授が読売国際協力賞を受賞
14.12.12
研究
メタボリックシンドローム、肥満2型糖尿病患者に朗報!臨床実験で有効性が認められている新しい物理的刺激「特定の微弱パルス電流」の作用メカニズムを解明
14.12.26
研究
エイズウイルス潜伏感染の新たなメカニズムを解明-エイズウイルス抑制因子が増悪因子!?-
15.02.05
研究
リジン脱メチル化酵素LSD1が肝細胞がんのエネルギー代謝を変換する―がんの代謝特性と新しい治療法の解明―
15.02.10
研究
生命科学研究部血液内科学の満屋教授が朝日賞を受賞
15.03.03
研究 学生
プレ柴三郎プログラム学生が、第4回サイエンス・インカレにて文部科学大臣賞を受賞しました!
15.03.05
研究
難病「ミトコンドリア病」発症の原因解明!臨床試験へ向けた薬剤開発に成功
15.03.13
研究
満屋裕明教授(生命科学研究部血液内科学)が日本学士院賞を受賞
15.03.23
研究
悪性腎炎 尿一滴で早期発見 !
15.04.30
研究
乳がんの治療抵抗性の仕組みを解明!-難治性・再発性乳がんの新しい診断・治療法に向けて-
15.06.01
研究
1匹の雌マウスから100個の卵子を排卵させることに成功!
15.06.10
その他
柴三郎プログラムの中間評価において、最高評価を受けました!
15.07.23
研究
日本人の約2割は肥っていなくても脂肪肝に注意~脂肪肝の効率的な予防法の開発へ~
15.07.28
研究
二つの薬の併用で冠動脈プラークを劇的に退縮~心筋梗塞発症予防に向けた新たな治療法~
15.08.03
研究
急性心筋梗塞後の心破裂を防ぐ遺伝子を同定-“長寿遺伝子”サーチュインの新たなる側面-
15.09.01
研究
将来の心臓発作のリスクが増大!冠動脈硬化部位の冠攣縮に要注意
15.09.24
研究
10月8日(木)NHK全国放送「Dr.MITSUYA 世界初のエイズ治療薬を発見した男」特別番組のご案内
15.10.16
研究
小児慢性疲労症候群患児の脳活動状態を明らかに-注意配分時に広範囲の前頭葉を過剰活性させてしまう-
15.11.02
研究
皮膚ガンの原因遺伝子を特定!-遺伝子の異常な融合が皮膚ガンの発生に関わる-
15.11.13
研究
マウスにおける超過剰排卵誘起剤の実用化について-1匹の雌マウスから100個の卵子-
15.11.20
研究
ヒトiPS細胞から誘導した腎臓糸球体が血管とつながる~尿産生に向けた大きな前進~
15.11.20
研究
血管の形をつくる細胞メカニズムを解明!
15.12.15
研究
Aspergillus属真菌から新規性の高い化合物を発見〜新たな医薬品の開発に向けて〜
16.01.18
研究
エイズウイルスの細胞間感染の新たなメカニズムを解明-異なる作用メカニズムによる新規エイズ治療薬開発の可能性-
16.01.26
研究
新しい抗血栓療法時代の評価法~複数の抗血栓薬の効果判定を一つの機器で~
16.02.01
研究
遺伝性の腎炎:アルポート症候群の 病態進行を抑制するキータンパク質を解明!
16.03.01
研究
ヒトT細胞白血病ウイルス持続感染の新たな仕組みを解明~難治性白血病の予防、分子標的治療に向けて~
16.03.23
その他
遺伝子組換え生物等の第二種使用等に関する事故について
16.04.15
研究
腎臓の元となる細胞を増やすことに成功~腎臓の再生医療に向け前進~
16.04.26
研究
年齢・握力・ふくらはぎの太さから 簡便に心臓病の重症化リスクを診断 - 筋肉量の減少を測る「サルコペニアスコア」を心臓病患者にも適用-
16.05.02
研究
プロテオーム統合データベースjPOSTを開発~アジア・オセアニア唯一の国際標準データリポジトリをスタート~
16.05.02
学生
医学部医学科のみなさんへ
16.06.10
研究
【お酒に弱い人は脂肪肝に注意!】遺伝的に活性アルデヒドを分解する酵素の働きが低い人は飲酒習慣がなくても脂肪肝を発症しやすいことを証明
16.06.28
その他
平成28年2月に発生した遺伝子組換え生物等の第二種使用等に関する事故について
16.07.12
研究
高齢者の難治性がんである「原発性骨髄線維症」の発症メカニズムを解明~がん遺伝子を抑える薬としての有効性を確認~
16.07.26
研究
腸内細菌叢が薬の効果に影響 腸内細菌減少による薬物の代謝・排泄の変化を解明~「抗菌薬・抗生物質」は他の薬との併用に要注意~
16.09.21
研究
早期膵臓がんの血中バイオマーカー発見~既存マーカーとの組み合わせで診断の性能向上が可能に~
16.09.29
研究
心不全の新たな発症メカニズム解明と新規遺伝子治療法の開発
16.10.24
研究
腸内細菌叢の一つであるフソバクテリウムが食道がんの進展・予後に関与していた!
16.10.26
研究
熊本発:ベルト型新規医療機器に肥満2型糖尿病の治療効果があることを発見!
16.11.17
研究
小児慢性疲労症候群は報酬の感受性低下を伴う-学習意欲の低下を招く脳領域の活性低下-
16.11.24
研究
細胞分裂のスイッチを人工的に作り出すことに成功!
16.12.19
研究
慢性閉塞肺疾患、創薬研究が進展!忠実なモデルマウス作製に成功 〜「酸化ストレス」、「セリンタンパク質分解酵素」が症状改善の鍵〜
17.03.01
研究
細胞の老化を防ぐ酵素「SETD8」を発見-老化をコントロールできる時代に向けて-
17.03.17
研究
血管分化を導く遺伝プログラムの一部を解明―血管分化におけるヒストンと転写のはたらきを同定―
17.03.27
研究
医療機器を留置した患者のMRI検査を支援する~MR適合性検索システムを実用化
17.03.27
研究
株式会社再春館製薬所と「再春館・自然×サイエンス共同研究講座」を共同で設置
17.05.08
研究
細胞内の不良品たんぱく質の分解メカニズムを解明~アルツハイマー病など神経性疾患の成因解明が可能に~
17.05.11
研究
エイズ患者で発生するリンパ腫の原因遺伝子を特定!~既存薬が治療に有効である可能性が明らかに~
17.07.11
研究
細胞増殖を調節するアンテナ「一次繊毛」の仕組みを解明~小頭症や小人症など臓器成長不全解明の足がかりに~
17.07.26
研究
細菌感染が貧血や白血病を引き起こす可能性:細菌感染が造血幹細胞に与えるストレスを解明
17.08.03
熊本大学特別シンポジウム「豊かな未来を私たちの手で」を開催しました
17.08.08
研究
不整脈で使用する抗凝固薬の種類によって 血栓形成速度が異なることが判明
17.08.21
研究
消化管での吸収を促進させる「小腸透過ペプチド」を発見-バイオ医薬品の経口投与薬開発に期待-
17.08.22
研究
今までにないエイズウイルス感染細胞除去法の開発-エイズ完治への第一歩-
17.09.01
研究
新薬で急性心筋梗塞後の心破裂を防ぐ!-抗心不全薬の新たなる可能性-
17.09.04
研究
黄砂飛来の翌日に急性心筋梗塞が増える可能性
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity