現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(生命科学系) がんの転移抑制へ期待 がんの転移能獲得機構の解明と転移促進因子を不活性化する酵素の発見

がんの転移抑制へ期待 がんの転移能獲得機構の解明と転移促進因子を不活性化する酵素の発見

 熊本大学大学院生命科学研究部(医学系)の尾池雄一教授、門松毅助教、小田切陽樹医師(大学院生)らは、がん発症から浸潤・転移へと病態が進展する過程の中で、がん細胞が転移能を獲得する機構の一つとして、がん浸潤・転移を促進させるタンパク質であるアンジオポエチン様因子2(ANGPTL2)のがん病態進展過程における活性化機構を解明し、さらにANGPTL2を不活性化させる分解酵素を発見しました。新たな抗がん転移薬の開発に繋がるものと期待されます。

 なお、本研究成果は、2014年1月21日(米国東部時間)に米国科学雑誌「Science Signaling」の電子版で公開されました。

詳細:プレスリリース本文(PDF 3.0MB)

【研究内容に関する問い合わせ先】
熊本大学大学院生命科学研究部(医学系)分子遺伝学分野
尾池雄一(オイケ ユウイチ) 教授
電話:096-373-5140 Fax:096-373-5145
E-mail:oike※gpo.kumamoto-u.ac.jp
(※を@に置き換えてください)

タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity