文部科学省ミュージアム「情報ひろば」企画展示 「近世熊本城の被災と修復」を開催します

event_available 日時: 2018年5月18日 10時0分 から 2018年6月22日 18時0分 まで

企業・研究 一般

 熊本大学は、文部科学省情報ひろば企画展示「近世熊本城の被災と修復」を下記のとおり開催いたします。

 「平成28年熊本地震」により「史上最大級の文化財被災」となった熊本城ですが、江戸時代においても地震等の被害があり、災害に関する古文書と絵図が多数残されています。本学永青文庫研究センターは、この調査をすすめており、今回の展示では近世熊本城の被災と修復の実際を明らかにします。

日時 平成30年5月18日(金)~6月22日(金)
場所 文部科学省新庁舎2階エントランス
(東京都千代田区霞が関3-2-2)
開館時間 月曜日~金曜日
午前10時~午後6時(入場無料)
※土日祝日は休館。入館時間は午後5時30分まで。
展示内容 パネル「近世熊本城の被災と修復」
複製及び復元古文書(「道家傳三郎宛 細川忠利血判起請文」など)

展示の開催に合わせ、5月18日(金)12時15分から文部科学省旧庁舎1階ラウンジにて熊本大学永青文庫研究センター 稲葉継陽教授による講演会を開催いたします。くまモンも応援にやってきますので、ぜひご来場ください。

本イベントのプレスリリースはこちら

お問い合わせ

総務課 広報戦略室

096-342-3119