特に優れた業績による返還免除について

※対象は大学院生のみです。

特に優れた業績による返還免除について

大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績を挙げた者として日本学生支援機構が認定した場合には、貸与期間終了時に奨学金の全部又は一部(半額)の返還が免除される制度です。第二種奨学金には、特に優れた業績業績による返還免除制度はありません。

対象者

大学院生のうち第一種奨学金貸与者で、申請年度に奨学金の貸与が終了する者が対象となります。

※満期終了者以外に辞退、退学、短縮修了、廃止をした方も対象となります。

※貸与が終了した年度にしか申請できませんので注意してください。

※申請書等や提出方法については、12月中旬以降に以下の(参考)に掲載予定です。

申請から選考結果通知までの流れ

時期 手続き内容
12月中旬 申請書等の受領
2月上旬
申請書等の提出
※業績に関わる書類の提出については、所属の教務担当の指示に従ってください。
2月中旬~
4月頃
返還免除候補者の学内選考
5月頃 機構において、返還免除者の決定
6月中旬 選考結果の通知

選考基準について

各研究科・教育部の教務担当又は学務課経済支援担当で閲覧することができます。

(参考)

お問い合わせ
学生支援部 学務課 学生支援チーム 経済支援担当
096-342-2129