現在位置: ホーム 学部・大学院等 自然科学研究科

自然科学研究科

 自然科学研究科は、平成18年度から理学部と工学部の全教員が自然科学研究科に所属する大学院重点化と一元化の改組を行い、研究を主軸に据えた教育を行う研究大学院としてスタートしました。学部との連続性により理学と工学の専門性をより深く研究教育する専攻(前期課程7専攻と後期課程4専攻)と先端的複合・融合新領域を研究教育する専攻(前・後期課程の複合新領域科学専攻)から成っています。
 自然科学研究科は、”国際的に魅力ある大学院”を目指して、様々な取り組みを進めています。複合新領域科学専攻を中心として、トップレベルの研究者を育成する「21世紀COEプログラム」や「魅力ある大学院教育」イニシアティブの二つの研究教育プログラムが進行中で、また国際大学院特別コースの拡充や外国人留学生奨学基金設置により留学生がより学びやすい環境も提供しています。その他、技術経営能力を持つ研究開発リーダー育成のためのMOT特別教育コースや本年度からスタートした国内外の産学官との共同教育を強化する附属総合科学技術共同教育センター設置など現代ニーズに対応した多様な研究教育環境やプログラムを用意しています。

教育情報の公表

1.大学の教育研究上の目的に関すること
2.教育研究上の基本組織に関すること
3.教育組織等に関する情報
1)教員組織について 2)教員(専任教員)の数 3)教員の業績
4.学生に関する情報
5.教育課程に関する情報
6.学修成果に係る評価等に関する情報
7.学修環境に関する情報
1)キャンパス情報 2)大学施設の概要 3)附属図書館(附属図書館HP)
4)福利厚生施設
5)その他の施設
6)課外活動(サークル)の紹介
8.学生納付金に関する情報
1)入学料、授業料
2)その他の費用 3)宿舎に関する費用 4)入学料等の免除、徴収猶予
5)授業料免除
9.学生支援と奨学金に関する情報
1)学内の学生支援組織 2)奨学金の概要
3)留学生に対する支援 4)障がい者に対する支援
5)その他学生支援の状況
10.その他の公表情報
【教育活動の状況】
1)教育活動の規模 2)学位授与数
3)外国人教員数
4)研究成果に関する情報 5)教育外部資金の獲得状況

【国際化の状況】
1)教育の国際連携の状況 2)大学としての国際戦略
3)国際的な諸課題への取組の姿勢
     熊本大学フォーラム
4)国際化推進体制(グローバル推進機構) 5)留学生への対応
6)英語による授業のみで学位取得可能なコース等
7)海外のOB会等の設置に係る情報

 

お問い合わせ
このページの項目に関してのお問い合わせは、項目毎のページを開いていただき、そのページに記載されている問い合わせ先にお願いいたします。
  • Copyright©KumamotoUniversity