グローバル推進機構

 熊本大学は、平成26年度文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」の採択を受け、我が国の大学改革を牽引する先導的モデルとして、国内外でリーダーシップを発揮するグローバル人材の育成や地域社会のグローバル化に向けた取組を積極的に推進します。
 グローバル推進機構は、本学のグローバル化に向けて全学的に取り組む組織体として、平成27年3月1日に設置されました。

機構内の組織構成

副学長(国際交流担当)を機構長として、真のグローバル大学への変貌を目指して、全学のグローバル化推進活動を先導します。機構内に以下の組織・会議体を設けました。

  1. グローバル推進機構会議
    機構長を議長とし、熊本大学におけるグローバル戦略の企画立案、教育研究における国際交流の推進、グローバル人材の育成及び地域社会のグローバル化に関する最重要課題に関する意思決定を行います。
  2. グローバル推進企画会議
    機構長を議長とし、グローバル推進機構会議で決定された政策やプロジェクトを迅速かつ円滑に実施するための全学的会議体です。各部局等の国際関係委員会を包括した体制のもとに本学のグローバル化に係る具体的施策の策定及び実施、その他必要な事項を審議します。
  3. 外部委員会
    本学職員以外の有識者を含む外部委員によって組織し、本機構の活動を評価し改善等の助言を行います。

organization_for_globalization.jpg

お問い合わせ
研究・産学連携部 国際戦略課
096-342-2109