vol_63

Vol .63 (2017年1月)

63号
PDFで見る (PDF 5.5MB)
電子書籍で見る

  • 表紙
    【原画】松永 拓己/教育学部 准教授
    特集Iで紹介をした、研究者。
    手前から、中潟教授、河村教授、松田准教授。
  • キャンパスの風景・目次
    ~旅する熊大~
    熊本大学 書道部
    総勢46名の書道部。毎年パフォーマンスを行っている紫熊祭では、今年も力強いパフォーマンスを披露した。紫熊祭以外に、熊本市内のイベントにも多数参加している。今後は「普段書道に触れる機会がない人にも興味を持ってもらえるような作品を作りたい」。日本の伝統文化である書道の魅力を広めていく、という目標に向かい、日々練習に励んでいる。本パフォーマンスで披露したのは、熊本県出身3人組ロックバンド「WANIMA」による「ともに」の歌詞の一部など。
  • 特集I
    研究をカタチに!
    熊大の研究開発が世界を変える
    ◦「 遺伝子改変マウス」の保存と供給で世界の研究者を支える
    ~動物資源開発研究施設CARD
    生命資源研究・支援センター
    動物資源開発研究施設(CARD)・資源開発分野 中潟 直己 教授
    ◦ 金属が軽くなれば、世の中が変わる
    KUMADAI マグネシウム合金
    先進マグネシウム国際研究センター 河村 能人 教授
    ◦ バスやトラックを電気自動車にして環境保護と社会貢献を
    ~大型車用EVシステム技術開発プロジェクト
    大学院先端科学研究部
    工学部附属グローバルものづくり教育センター
    松田 俊郎 准教授
  • 研究室探訪
    ボロボロになるまで読み共感できた時、
    文学は、自分の生きる力になる
    文学部欧米言語文学コース英語英米文学研究室 永尾 悟 准教授
  • 特集II
    リポート
    熊大と熊本地震 vol.2
    熊本の文化財を救え!
  • 国際交流
    留学現地report 
  • 卒業生ジャーナル
    本学の卒業生たちの“今”に迫る「卒業生ジャーナル」 
  • KUMADAI TOPICS
    ・ 熊本大学基金からのお知らせ
  • 裏表紙
    生徒募集木札(五高記念館所蔵)
    文/藤本秀子(五高記念館)

お問い合わせ
総務部総務課広報戦略室
096-342-3119