You are here: Home 国際交流 外国人留学生のための情報 サポートシステム

チューター制度

 日本に来たばかりで日本語や日本についての知識がまだ十分でない留学生を支援するためにチューターをつける制度があります。科目等履修生を除くすべての留学生はチューターを要求することができます。チューターをつけることができる期間は、大学院生・研究生は1年間、学部生は2年間以内、交換留学生は半年間です。詳しくは、国際戦略ユニット国際人材交流チームでたずねてください。

 チューターの役割は学習面のサポートが中心です。具体的には、講義の理解、専門書を読む、コンピュータの使い方、図書室の利用方法、大学院受験準備などの手伝いなど、専門分野の知識と学習面での日本語の手伝いをします。

 なお、日本語能力が十分ではない留学生は生活面でのサポート(書類の説明や手続きの手伝い、掲示板にある行事などの情報の説明、アパート探しなど)もチューターにお願いできます。

 チューターは留学生の指導教員が選びますが、チューターについての相談は国際戦略ユニット(電話:096-342-2133、gji-ryugaku@jimu.※)で受け付けています。

(迷惑メールへの対策のため、メールアドレスの kumamoto-u.ac.jp を※に置き換えております。)

お問い合わせ
マーケティング推進部 国際戦略ユニット 国際人材交流チーム
096-342-2132
  • Copyright©KumamotoUniversity