医学部保健学科

卒業に必要な要件(医学部保健学科)

医学部保健学科を卒業するためには、4年以上在学し、別表1及び別表3に掲げる単位の修得が必要です。
医学科はこちら

(平成30年入学者)

別表1:教養教育

保健学科(看護学専攻)

区分 修得すべき単位数



外国語科目 必修外国語科目 4
情報科目 情報基礎科目 2
肥後熊本学 1
体育・スポーツ科学科目 21
外国語科目 自由選択
外国語科目
リベラルアーツ科目 ※
現代教養科目 ※
Multidisciplinary Studies
キャリア科目
開放科目
28

備考

1. 看護学専攻の卒業要件は、看護師の国家試験受験資格が得られることを要件としています。
2. ※のリベラルアーツ科目又は現代教養科目のうち、「自然・生命学系(ただし、生命科学領域は除く。)」に属する科目から2単位以上、「人文・社会学系」に属する科目から2単位以上、合わせて4単位以上を必ず修得すること。

保健学科(放射線技術科学専攻)

区分 修得すべき単位数



外国語科目 必修外国語科目 4
情報科目 情報基礎科目 2
肥後熊本学 1
体育・スポーツ科学科目 13
外国語科目 自由選択外国語科目
リベラルアーツ科目 ※
現代教養科目 ※
Multidisciplinary Studies
キャリア科目
開放科目
20

備考

1. ※のリベラルアーツ科目又は現代教養科目のうち、「人文・社会学系」に属する科目から必ず2単位以上を修得すること。

保健学科(検査技術科学専攻)

区分 修得すべき単位数



外国語科目 必修外国語科目 4
情報科目 情報基礎科目 2
肥後熊本学 1
体育・スポーツ科学科目 13
外国語科目 自由選択外国語科目
リベラルアーツ科目 ※
現代教養科目 ※
キャリア科目
Multidisciplinary Studies
開放科目
20

備考

1. ※のリベラルアーツ科目又は現代教養科目のうち、「人文・社会学系」に属する科目から必ず4単位以上を修得すること。

別表3:専門教育

看護学専攻

【1.専門基礎科目】

区分 授業科目 単位数
必修 選択
保健医療系基礎科目 (各専攻共通) 生体の構造と機能 人体構造学I 2
人体構造学II 2
生体機能学I 2
生体機能学II 2
生化学I 2
生体防御学 2
遺伝学 #1
疾病と医学・
医療
病原生物学I 2
臨床薬理学 2
病理学I 2
保健学概論 2
臨床医学総論I 2
救急医学概論 1
チーム医療演習 1
保健・福祉・環境 医事法 1
環境衛生学I 2
保健衛生統計学 2
医療外国語 2
保健医療系基礎科目(各専攻共通)小計 26 6
専門基礎科目(看護学専攻) 保健医療福祉行政論 ◎2
臨床医学総論Ⅱ 2
臨床栄養学 1
専門基礎科目(看護学専攻)小計 3 2
合計 29 8

注1) 選択科目は、保健医療系基礎科目(各専攻共通)の選択科目と専門基礎科目(看護学専攻)の選択科目より2単位以上を選択すること。
注2) 専門基礎科目は、必修科目29単位、選択科目2単位以上、合わせて31単位以上を履修すること。
注3) ◎は、保健師国家試験受験資格を得るために必要な科目である。
注4) #は、助産師国家試験受験資格を得るために必要な科目である。

【2.専門科目】

区分 授業科目 単位数
必修 選択
専門科目 基礎看護学 看護学概論 2
看護方法論Ⅰ 3
看護方法論Ⅱ 2
看護方法論Ⅲ 2
看護方法論Ⅳ 1
基礎看護学実習Ⅰ 1
基礎看護学実習Ⅱ 2
実践看護学 看護管理学概論 1
フィジカル・メンタルアセスメントⅠ 1
フィジカル・メンタルアセスメントⅡ *2
フィジカル・メンタルアセスメント演習 *1
実践看護学実習Ⅰ 1
実践看護学実習Ⅱ *2
成人看護学 成人臨床看護学Ⅰ 2
成人臨床看護学Ⅱ 2
成人臨床看護学Ⅲ 1
成人臨床看護学Ⅳ 1
成人臨床看護学実習Ⅰ 3
成人臨床看護学実習Ⅱ 3
精神看護学 精神保健看護学 2
精神臨床看護学Ⅰ 1
精神臨床看護学Ⅱ 2
精神看護学実習 2
小児看護学 小児保健看護学 1
小児臨床看護学Ⅰ 2
小児臨床看護学Ⅱ 1
小児看護学実習 2
母性看護学 母性保健看護学 1
母性看護疾病治療学 2
母性臨床看護学 1
母性看護学実習 2
助産学 助産学概論 #1
リプロダクティブ ヘルス/ライツⅠ #2
リプロダクティブ ヘルス/ライツⅡ #1
新生児学 #1
周産期運動生理学 #1
助産診断・技術学Ⅰ #2
助産診断・技術学Ⅱ #2
助産診断・技術学Ⅲ #2
母性の心理・社会学 #1
母子援助論 #1
地域母子保健論 #1
助産管理論 #2
助産学実習 #9
地域看護学 健康教育論Ⅰ ◎1
ライフスタイルと健康援助論 ◎1
住民健康学習論 ◎2
地域特性健康論Ⅰ ◎1
学校・産業保健 ◎1
公衆衛生看護学実習 ◎5
公衆衛生看護活動論 ◎3
地域統計情報論 ◎2
健康教育論Ⅱ ◎1
地域特性健康論Ⅱ ◎1
公衆衛生看護管理論 ◎1
公衆衛生看護学概論 2
在宅看護論 3
在宅ケア実習 2
老年看護学 老年看護学概論 1
老年看護学 3
老年看護学実習 3
共通 緩和ケア 1
感染看護学 1
統合 リサーチトレーニングⅠ 1
リサーチトレーニングⅡ 1
災害看護 1
看護技術の統合と医療安全 1
統合実習 2
合計 69 50

注1) ◎は、保健師国家試験受験資格を得るために必要な科目である。
注2) #は、助産師国家試験受験資格を得るために必要な科目である。
注3) 専門科目は、必修科目を69単位、選択科目50単位の中から1単位以上、合わせて70単位以上を履修すること。
注4) 看護方法論Ⅰは、前期後半から開始する通年科目である。
注5) *は、保健師国家試験受験資格及び助産師国家試験受験資格の取得を希望しない者は、必ず履修すること。

放射線技術科学専攻

【1.専門基礎科目】

区分 授業科目 単位数
必修 選択
保健医療系基礎科目 (各専攻共通) 生体の構造と機能 人体構造学I 2
人体構造学II 2
生体機能学I 2
生体機能学II 2
生化学I 2
生体防御学 2
遺伝学 1
疾病と医学・
医療
病原生物学I 2
臨床薬理学 2
病理学I 2
保健学概論 2
臨床医学総論I 2
救急医学概論 1
チーム医療演習 1
保健・福祉・環境 医事法 1
環境衛生学I 2
保健衛生統計学 2
医療外国語 2
保健医療系基礎科目(各専攻共通)小計 19 13
専門基礎科目(放射線技術科学専攻) 応用数学Ⅰ 2
応用数学Ⅱ 2
画像数学演習 1
基礎物理学 2
放射線物理学Ⅰ 2
放射線物理学Ⅱ 2
放射線物理演習 1
放射化学 2
放射化学実験 1
放射線計測学Ⅰ 2
放射線計測学Ⅱ 2
放射線管理・計測学実験 1
放射線生物学 2
医用工学Ⅰ 2
医用工学Ⅱ 2
医療情報基礎演習 1
専門基礎科目(放射線技術科学専攻)小計 25 2
合計 44 15

注1) 保健医療系基礎科目(各専攻共通)の選択科目13単位の中から2単位以上を選択すること。
注2) 専門基礎科目(放射線技術科学専攻)の選択科目2単位の中から1単位以上を選択すること。
注3) 専門基礎科目は、必修科目44単位、選択科目15単位の中から3単位以上、合わせて47単位以上を履修すること。

【2.専門科目】

区分 授業科目 単位数
必修 選択
専門科目 診断画像技術学 X線機器工学 2
CT検査技術学 2
超音波検査技術学 2
画像機器工学実験 1
X線検査技術学Ⅰ 2
X線検査技術学Ⅱ 2
MR検査技術学 2
臨床医学総論Ⅱ 2
画像解剖学 2
画像診断学Ⅰ 2
画像診断学Ⅱ 2
診断画像技術学演習 1
核医学検査技術学 核医学機器工学 2
核医学検査学 2
核医学診断学 2
核医学検査技術学演習 1
放射線治療技術学 放射線治療機器工学 2
放射線治療技術学 2
放射線腫瘍学 2
放射線治療技術学演習 1
医用画像情報学 デジタル画像処理論 2
デジタル画像処理実習 1
医用画像情報学

2

医用画像情報学実験 1
医用画像情報学演習 1
放射線安全管理学 放射線関係法規 2
放射線安全管理学 2
医療安全管理学 医療安全管理学 1
臨床実習 撮影技術学実習 2
臨床実習Ⅰ 1
臨床実習Ⅱ 7
特別科目 リサーチトレーニング(卒業研究) 4
合計 58 4

注) 専門科目は、必修科目58単位、選択科目4単位の中から3単位以上、合わせて61単位以上を履修すること。

検査技術科学専攻

【1.専門基礎科目】

区分 授業科目 単位数
必修 選択
保健医療系基礎科目 (各専攻共通) 生体の構造と機能 人体構造学Ⅰ 2
人体構造学Ⅱ 2
生体機能学Ⅰ 2
生体機能学Ⅱ 2
生化学Ⅰ 2
生体防御学 2
遺伝学 1
疾病と医学・
医療
病原生物学Ⅰ 2
臨床薬理学 2
病理学Ⅰ 2
保健学概論 2
臨床医学総論Ⅰ 2
救急医学概論 1
チーム医療演習 1
保健・福祉・環境 医事法 1
環境衛生学Ⅰ 2
保健衛生統計学 2
医療外国語 2
保健医療系基礎科目(各専攻共通)小計 30 2
専門基礎科目(検査技術科学専攻) 環境衛生学Ⅱ 2
環境衛生学実習 1
国際保健衛生学 2
医療情報処理学 1
医療工学 1
医療工学実習 1
専門基礎科目(検査技術科学専攻)小計 6 2
合計 36 4

注) 専門基礎科目は、必修科目36単位、選択科目4単位の中から2単位以上、合わせて38単位以上を履修すること。

【2.専門科目】

区分 授業科目 単位数
必修 選択
専門科目 臨床病態学概論Ⅰ 2
臨床病態学概論Ⅱ 2
臨床医学特論 1
人体構造学実習 1
病理学Ⅱ 2
病理学実習 1
病理検査学 2
病理検査学実習 1
病理検査学特論 1
血液検査学Ⅰ 2
血液検査学Ⅱ 2
血液検査学実習Ⅰ 1
血液検査学実習Ⅱ 1
血液検査学特論 1
生化学Ⅱ 2
生化学実習 1
臨床化学Ⅰ 1
臨床科学Ⅱ 1
臨床化学実習 1
臨床化学特論 1
遺伝子検査学 1
遺伝子検査学実習 1
放射線同位元素検査学 1
分子病態学 2
分子生物学 2
生命工学概論 1
免疫検査学Ⅰ 2
免疫検査学Ⅱ 2
免疫検査学実習 1
免疫検査学特論 1
輸血検査学 2
輸血検査学実習 1
病原生物学Ⅱ 2
病原生物学実習 1
病原生物検査学 2
病原生物検査学実習 1
病原生物検査学特論 1
医動物学 2
医動物学実習 1
生体機能学実習 1
生理機能検査学Ⅰ 1
生理機能検査学Ⅱ 1
生理機能検査学Ⅲ 1
生理機能検査学実習 1
生理機能検査学特論 1
画像検査学 1
画像検査学実習 1
医療工学特論 2
臨床検査総論Ⅰ 1
臨床検査総論Ⅱ 1
臨床検査総論実習 1
検査機器管理学 2
検査情報管理学 2
医療安全管理学 1
医療安全管理学実習 1
臨地実習 7
リサーチトレーニング 4
合計 76 8

注) 専門科目は、必修科目76単位、選択科目8単位の中から5単位以上、合わせて81単位以上を履修すること。

お問い合わせ
学生支援部 教育支援課 学務企画チーム 教育評価担当
096-342-2755