現在位置: ホーム 大学生活 生活支援・福利厚生 その他の学生支援

その他の学生支援

文学部

  • 学生支援委員会を設置し、各学科の担当教員が対応を行っています。

教育学部・教育学研究科・特別支援教育特別専攻科・養護教諭特別別科(共通)

  • 厚生・就職委員会及び学生支援相談室を設置し、各学科と連携しながら学生生活・進路支援を行っています。
  • 学生の進路支援のために、熊本市教育委員会と協定を結び、インターンシップを実施しています。

法学部

  • 学生の進路支援のために、県下の官公庁・企業と協定を結びインターンシップを実施しています。
  • 学生によって組織される行事実行委員会が、教務学生委員会の助言と指導のもとに、1年次合宿研修、スポーツ大会、卒業祝賀会等を企画、運営しています。

理学部

  • 1年生はクラス担任、2年生はチューター教員、3・4年生は各コースの指導教員が各種指導にあたっています(グローバルリーダーコースの学生には入学時から卒業時までメンター教員が各種指導にあたっています。)。なお、場合によっては、教務委員会や学生委員会と連携し、各種支援にあたります。

医学部

  • 医学部医学科では医学科学生委員会において、修学指導、学生生活上の相談等の支援を行っています。
  • 医学部保健学科では各学年に、3専攻それぞれ、クラス担任を複数配置して、相談体制を取っており、教育及び学生生活面におけるサポ-トを行っています。

薬学部

  • 学部学生を対象に、125周年記念甲斐原守夫奨学金制度があります。

工学部

  • 学生支援委員会・学生相談室を設置しています。(月曜日から金曜日の5限目に相談員の常駐)

医学教育部

  • 大学院学生委員会を中心として、修士課程の学生を対象に、就活支援を行っています。

法曹養成研究科

  • インストラクター制度:学生一人ひとりに、専任教員2人のインストラクターがつき、学習面・生活面の相談に乗っています。
  • アカデミック・アドバイザー制度:学生の自主的なグループ学習に対して、若手の弁護士等にグループの指導・助言を依頼しています。
    修了後のサポート(法務学修生):修了後、司法試験合格までの間に、自習室、法律情報システムの利用や教員からの学習指導を受ける事ができる身分を設けています。

お問い合わせ

詳細については、各部局等の教務担当(PDF 48KB)へお問い合わせください。
 

お問い合わせ
このページの項目に関してのお問い合わせは、上記の各部局等の教務担当(PDFファイル)を開いていただき、そのページに記載されている問い合わせ先にお願いいたします。
  • Copyright©KumamotoUniversity