障がい者に対する支援

学生支援室

障がいのある学生に対して、修学に必要な配慮や支援が提供されるための調整を行っています。
※実際に利用できる支援内容は、障がいや状況により異なります。
※下記以外の障がいにも対応しています。

  • 視覚障がいのある学生への支援例
    ・教材の拡大大型モニター、拡大鏡の貸与 など
  • 肢体が不自由な学生への支援例
    ・試験時間延長や別室受験  ・車両入構許可  ・手荷物等の整理  ・教室移動の補助
    ・手摺りの設置 など
  • 聴覚障がいのある学生への支援例
    ・ノートテイク・パソコンテイク支援  ・視聴覚教材の文字起こし支援 ・UDトーク使用(タブレット貸出)支援 など
  • 精神障がい(発達障がいを含む)のある学生への支援例
    ・休憩室の確保  ・学修指導(履修方法、学習方法、ハンディスキャナ貸出等)  ・社会的スキル指導(対人関係、自己管理、SST等)
    ・出身校との連携  ・保護者との連携  ・臨床心理士による心理療法
    ・キャンパスソーシャルワーカーによる支援(教職員との連絡調整、外部機関への紹介や付き添い等) など

詳細については、 学生支援室 へお問い合わせください。
TEL:096-342-2765、2766

教育学部・教育学研究科・特別支援教育特別専攻科・養護教諭特別別科(共通)

障がいの状況に応じて、学部の専門教員(臨床心理士・言語聴覚士)と相談しながら対応を行っています。
詳細については、 各部局等の教務担当 (PDF 49KB)へお問い合わせください。

その他

  • 障がいを有する入学志望者との事前相談
    詳細については入試課へお問い合わせください。
    TEL:096-342-2148
お問い合わせ
このページの項目に関してのお問い合わせは、上記の各部局等の教務担当(PDFファイル)を開いていただき、そのページに記載されている問い合わせ先にお願いいたします。