その他の学生支援

文学部

  • 学生支援委員会を設置し、各学科の担当教員が対応を行っています。

教育学部・教育学研究科・特別支援教育特別専攻科・養護教諭特別別科(共通)

  • 厚生・就職委員会及び学生支援相談室を設置し、各学科と連携しながら学生生活・進路支援を行っています。
  • 学生の進路支援のために、熊本市教育委員会と協定を結び、インターンシップを実施しています。

法学部

  • 学生の進路支援のために、県下の官公庁・企業と協定を結びインターンシップを実施しています。
  • 学生によって組織される行事実行委員会が、教務学生委員会の助言と指導のもとに、1年次合宿研修、スポーツ大会、卒業祝賀会等を企画、運営しています。

理学部

  • 1年生はクラス担任、2年生はチューター教員、3・4年生は各コースの指導教員が各種指導にあたっています(グローバルリーダーコースの学生には入学時から卒業時までメンター教員が各種指導にあたっています。)。なお、場合によっては、教務委員会や学生委員会と連携し、各種支援にあたります。

医学部

  • 医学部医学科では医学科学生委員会において、修学指導、学生生活上の相談等の支援を行っています。また、入学時にメンター教員を配置し、臨床実習開始まで、随時相談に対応しています。
  • 医学部保健学科では各学年に、3専攻それぞれ、クラス担任を複数配置して、相談体制を取っており、教育及び学生生活面におけるサポ-トを行っています。

薬学部

  • 学部学生を対象に、125周年記念甲斐原守夫奨学金制度があります。

工学部

  • 学生支援委員会・学生相談室を設置しています。(月曜日から金曜日の5限目に相談員が常駐)

医学教育部

  • 大学院学生委員会を中心として、修士課程の学生を対象に、就活支援を行っています。

お問い合わせ

詳細については、 各部局等の教務担当 (PDF 46KB)へお問い合わせください。

お問い合わせ
このページの項目に関してのお問い合わせは、上記の各部局等の教務担当(PDFファイル)を開いていただき、そのページに記載されている問い合わせ先にお願いいたします。