新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生に対する令和4年度前学期授業料徴収猶予(延納)と既納の授業料の返還について

  【→English

                                         令和4年8月24日

   学生の皆さんへ

                                理事・副学長(教育・学生支援担当)

 

     新型コロナウイルス感染症により家計が急変した学生に対する令和4年度の前学期授業料徴収猶予

     (延納)と既納の授業料の返還について

 

 新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生に対して、授業料の納付期限の延長(以後、徴収猶予という。)を行います。また、既に授業料を納入している場合には、授業料を返還します。

(注:この制度は、授業料の納入を一定期間猶予するものであり、免除ではありません。

                           

【対象学生】

  学部学生、大学院生、専攻科及び別科の学生(研究生、科目等履修生、特別聴講学生及び特別研究学生は除く)

【申請期間】

  令和4年8月30日(火)~9月12日(月)17:00(必着)
  ※申請時に確認事項がありますので原則窓口持参とします。
  ※郵送する場合はレターパックライトで9月8日(木)までに投函してください。
   (12日必着。消印有効ではありません。)

   また、郵便での申請者には9月13日(火)16時までに確認の電話をしますので必ず応答してください。

【申請場所】

  学生支援部学生生活課(黒髪北キャンパス:全学教育棟1階  経済支援担当  6番窓口)

【申請書類】

  1.授業料徴収猶予申請書(別記様式第1号)

  2.生活費の状況申出書(別記様式第2号)

  3.返信用封筒(長形3号)(宛名及び送付先を記載し94円分の切手を貼付したもの)

  4.直近3ヶ月の仕送り金額やアルバイト等の収入が分かる書類(収入の明細書や振込が確認出来る通帳など)
           及び家賃の金額がわかる書類(賃貸借契約書の写し 等)

  5.直近3ヶ月の学資負担者(親等)の給与明細書の写し(私費外国人留学生は、日本在住の配偶者の給与明細 等)                    

  ※前学期授業料を既に納入されている学生は、上記書類に加えて以下の書類が必要です。
   ・返還請求願

【審査結果の通知】

  令和4年9月16日(金)頃

【授業料納入方法】

 徴収猶予が許可された学生は、令和5年3月31日(卒業年の学生は1月31日(医学部医学科は1月5日))までに
本学収入担当窓口に現金で支払うか、又は指定する銀行口座に令和3年度後学期分授業料を納入してください。
(徴収猶予された授業料は口座引き落としされないため)

【重要】

  今回徴収が猶予された授業料を、上記期限内に納入出来なかった場合は「除籍」となりますので、授業料の
支払計画は慎重に検討しておいてください。

  ※令和4年度前学期分の授業料徴収猶予された学生は、令和4年度前学期分授業料に加えて令和4年度後学期分の
      授業料を10月~3月(卒業年は1月)中に納入する必要がありますのでご注意ください。

学生への経済支援として、授業料免除や各種奨学金(給付型、貸与型)のほか、日本政策金融公庫の教育ローンや生活福祉資金貸付金、母子父子寡婦福祉貸付金などの制度もあります。経済的理由で修学をあきらめることなく、利用できる制度は積極的に活用してください。

お問い合わせ

学生支援部 学生生活課経済支援担当

096-342-2151

gag-syogaku[AT]jimu.kumamoto-u.ac.jp ※ [AT] を @ に書き換えてご使用ください。