現在位置: ホーム 社会連携 地域連携 兼業について

兼業について

熊本大学教職員への兼業依頼について

 熊本大学教職員に係る兼業(本学職員が本務以外の他の業務に従事すること)については、「国立大学法人熊本大学職員兼業規則」に基づき、兼業内容を審査した上で許可を得たものについて従事することができます。
 本学教職員に対し、兼業を依頼される場合は、本学所定の下記様式「兼業依頼状、兼業調書」により依頼されますようお願いいたします。
 なお、本学職員が事前に学長の承認を得ることなく兼業に従事することはできませんので、兼業依頼に際して遺漏のないようお願い申し上げます。

この度、事務の効率化・簡素化のための見直しにより、平成23年1月1日以降に依頼があったものについては、原則、回答文書を送付しないこととさせていただきますので、ご理解とご協力くださいますようお願い申し上げます。
 なお、事務処理上において回答文書が必要である場合は、依頼文書にその旨を明記願います。

ご不明な点等がございましたら下記担当にお問い合わせください。

(本件担当)
〒860-8555
熊本市中央区黒髪2-39-1
熊本大学 運営基盤管理部 労務課 労務担当
TEL:096-342-3251

兼業手続の流れ図

兼業手続の流れ図(PDF 332KB)

  • 兼業依頼を受けてから兼業を承認するまでの事務手続の流れを図にまとめました。
  • 兼業の依頼から大学の承認まで約2ヶ月程度(年度末・年度始めには更に時間を要します)の期間を要し、遡って大学の承認を行うことはできませんので、余裕をもって兼業依頼を行ってください。

兼業手続関連書類の様式

兼業の手続の際、兼業依頼者から次の 1.文書を提出していただきます。
なお、期間が1年を超える場合には 2.の資料を添付していただく必要がございます。

  1. 兼業依頼状・調書  WORD版(28KB)  PDF版(10KB)
    ※兼業依頼状・兼業調書(記入例)
    具体例1[非常勤講師](PDF 83KB)
    具体例2[非常勤医師](PDF 87KB)
    具体例3[国、地方公共団体等の各種委員会委員](PDF 82KB)
  2. 兼業期間の根拠規定
    兼業の委嘱期間は原則1年間となります。ただし、法令に任期の定めのある職に就く場合は、最高4年まで兼業を承認することができます。1年を超える場合には、兼業に関する任期を明記した根拠規定の文書を添付ください。

兼業の手続窓口

 兼業依頼について、大学全体の窓口は、運営基盤管理部労務課労務担当(096-342-3251)になります。
 なお、兼業依頼された先生が所属する部署によって承認手続の日程が異なりますので、別紙の部局等の会議開催日等(PDF 11KB)を参照願います。

兼業関連規則

兼業に関するQ&A


 

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。
お問い合わせ
運営基盤管理部 労務課 労務担当
096-342-3251
  • Copyright©KumamotoUniversity