新型コロナウイルスに関する対応について

感染予防対策
 教職員及び学生は、感染防止の徹底に努めることとしますが、過度の心配はせず、インフルエンザ等種々の感染症を含めた予防と同じように、普段から咳エチケット(マスクの着用等)や手洗い等の感染症対策をして下さい。

 教職員及び学生の対応について
 教職員及び学生は、中国湖北省全域及び浙江省温州市への渡航(出張及び旅行)は止めてください。また、中国のその他の地域について不要不急の渡航は止めてください。(令和2年2月17日現在 外務省海外安全情報に対応)
 なお、海外への出張等を行う際は、外務省のMOFA海外安全ホームページ(※1)及び厚生労働省検疫所ホームページ(※2)等で最新の情報を確認し、細心の注意を払うとともに、事前に、教職員は所属部局の総務担当職員へ、学生は教務担当職員へ連絡して下さい。

 また、中国からの帰国(入国)者については、14日間は自宅待機とします。
 なお、中国からの帰国(入国)者を含む全ての方について、次の症状がある場合は「帰国者・接触者相談センター」(※3)に相談してください。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
 ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

 「帰国者・接触者相談センター」で相談した結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」が紹介されます。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。
 なお、当該医療機関を受診する旨及び受診後の受診結果を必ず保健センター(096-342-2164)へ連絡して下さい。
  
 また、厚生労働省のホームページ(※2)の「新型コロナウイルスを防ぐには」に関連情報が記載してありますのでご確認下さい。

1 http://www2.anzen.mofa.go.jp(外務省のMOFA海外安全ホームページ)
2 http://www.forth.go.jp/topics/fragment1.html(厚生労働省検疫所HP) 
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html(厚生労働省HP
※3 熊本県は、各保健所の相談窓口が「帰国者・接触者相談センター」として医療機関(帰国者・接触者外来)の受診調整を行います。保健所の問合せ一覧で電話番号を確認下さい。

問合せ先保健所(「帰国者・接触者相談センター」)一覧

設置場所 電話番号 開設時間(平日・休日)
有明保健所 0968-72-2184 9時~19時
山鹿保健所 0968-44-4121 9時~19時
菊池保健所 0968-25-4138 9時~19時
阿蘇保健所 0967-24-9030 9時~19時
御船保健所 096-282-0016 9時~19時
宇城保健所 0964-32-1207 9時~19時
八代保健所 0965-33-3229 9時~19時
水俣保健所 0966-63-4104 9時~19時
人吉保健所 0966-22-3107 9時~19時
天草保健所 0969-23-0172 9時~19時
熊本市保健所 096-372-0705
096-364-3222
(平日)8時30分~19時
(休日)9時~19時
県庁健康危機管理課
(一般的な相談対応のみ行います)
096-333-2256 9時~19時

 

外国人向けの相談窓口(新型コロナウイルス感染症の相談についても対応)

設置場所 電話番号 開設時間
熊本市外国人総合相談プラザ 096-359-4995 10時~18時
(第2,第4月曜は休日)

 

2020.2.21

 新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の本学の対応について、 下記のとおり通知しますので、ご確認いただきますようお願いします。
 なお、文部科学省から、厚生労働省が作成した 新型コロナウイルスの予防及び相談・受診の目安についての情報提供がありましたので、併せてお知らせいたします。
 構成員におかれましては、内容をご確認いただき、適切にご対応いただきますようお願いします。

学生のみなさんへ 新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の対応について
職員のみなさまへ 新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の対応について
新型コロナウイルスを防ぐには(厚労省HPより)
新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚労省HPより)

これまでの通知

2020.2.19


 学生・教職員及び全ての関係者 各位
                                         学   長

           新型コロナウイルスの流行に伴う本学の対応について(第4報)

 標記のことについて、状況の変化に伴い本学の対応を第4報として更新しましたので、上記のとおりお知らせします。

(主な更新内容)
・「帰国者・接触者相談センター」へ相談する場合の条件を変更するとともに、その後の対応を追記。
・問い合わせ先保健所一覧に外国人向けの相談窓口を追加

2020.2.14 22:00

 2月14日、外務省安全ホームページにおいて、新型コロナウイルス感染症のため、 中国の浙江省温州市の地域の感染症危険レベルがレベル3(「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」)に引き上げられました。
 教職員におかれましては、引き続き適切にご対応いただきますようお願いいたします。

2020.2.14 10:00

 学生・教職員及び全ての関係者 各位
                                      学   長

            新型コロナウイルスの流行に伴う本学の対応について(第3報)

 標記のことについては、「新型コロナウイルスの流行に伴う本学の対応について(第2報)」でお知らせしているところですが、状況の変化に伴い、第3報として更新しましたので、今後の本学の対応については上記のとおりとします。
 なお、文部科学省から、令和2年2月10日付で中国から帰国した児童生徒等への対応に関する通知があり、これを踏まえたものであることを申し添えます。
(主な更新内容)
・症状が出た場合の定義について、「発熱(37.5度)かつ呼吸器症状が発症した場合」とした。
・症状が出た場合の対応について、湖北省及び浙江省から帰国等した者とそれ以外の者とに分けて記載。
・保健所の問合せ一覧を記載。

2020.2.14 9:00

 学生・教職員及び全ての関係者 各位
                                      学   長

          中国における新型コロナウイルスに関する注意喚起について(通知)  

 このことについて、文部科学省から注意喚起がありましたので、お知らせします。
 2月12日、外務省安全ホームページにおいて、新型コロナウイルス感染症の拡大状況及び中国国内の交通規制や外出制限、各国の航空会社の中国との航空便の運休・減便の状況を踏まえ、中国在留邦人及び海外渡航者に対し、日本への早期の一時帰国や中国への渡航延期の至急検討要請が行われています。
 ついては、中国に滞在中の学生、教職員におかれましては、今後、中国各地においても状況が急激に悪化する可能性も念頭に、情報収集に万全を期すとともに、日本への早期の一時帰国について至急検討いただきますようお願いいたします。

○関連情報ホームページ
・外務省海外安全ホームページ
 http://www.anzen.mofa.go.jp (PC版、スマートフォン版)
 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)
・文部科学省ホームページ
 https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html

2020.2.7

 熊本大学の学生・教職員の皆さんへ

                                      熊本大学長 原田 信志 
 
 令和2年1月30日に世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たると宣言され、また、2月1日には新型コロナウイルス感染症が指定感染症として指定されました。 
 このような動きに対応し、保健センターから注意喚起の通知を行っていたところですが、本学に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため「新型コロナウイルス感染対策会議」を開催し本学の対応を協議、決定しましたので、学生・教職員の皆さんに、以下のとおりお知らせいたします。 

保健センター等からの通知
 ・令和2年1月24日付け「中国武漢市での新型コロナウイルス発生に係る注意喚起について(通知)
 ・令和2年1月29日付け「新型コロナウイルス発生に係る注意喚起について(第2回通知)
 ・令和2年1月31日付け「新型コロナウイルスの流行に伴う本学の対応について

新型コロナウイルス感染対策会議の設置
 令和2年2月6日付けで「新型コロナウイルス感染対策会議」を開催しました。

教職員及び学生の対応について
 教職員及び学生は、中国湖北省全域への渡航(出張及び旅行)は止めてください。また、中華人民共和国のその他の地域について不要不急の渡航は止めてください。(令和2年2月6日現在 外務省海外安全情報に対応)
 なお、海外への出張等を行う際は、外務省のMOFA海外安全ホームページ(1)及び厚生労働省検疫所ホームページ(※2)等で最新の情報を確認し、細心の注意を払うとともに、事前に、教職員は所属部局の総務担当職員へ、学生は教務担当職員へ連絡して下さい。
 また、中国から帰国(入国)後、14日間は自宅待機とし、発熱を伴う風邪の症状を呈することとなり、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、保健所(096-364-3189)及び保健センター(096-342-2164)へ連絡後、事前に医療機関へも連絡した上で受診して下さい。連絡の際、武漢市を含む湖北省に滞在歴がある場合は、その旨伝えるようにして下さい。
1 http://www2.anzen.mofa.go.jp(外務省のMOFA海外安全ホームページ)
2 http://www.forth.go.jp/topics/fragment1.html(厚生労働省検疫所HP) 
・令和2年2月6日付け「新型コロナウイルスの流行に伴う本学の対応について(第2報)」より
(英語版)Kumamoto University’s Correspondence to the Outbreak of the Novel Coronavirus (2019-nCoV)(Second Protocol)
(中国語版)本校对于新型冠状病毒流行的对策(第2报)

感染予防対策
 教職員及び学生は、感染防止の徹底に努めることとしますが、過度の心配はせず、インフルエンザ等種々の感染症を含めた予防と同じように、普段から咳エチケット(マスクの着用等)や手洗い等の感染症対策をして下さい。

2020.2.4

2020.1.27

文部科学省から表記のことについて注意喚起がありましたので、外務省や関連のHP等を参照し、最新の情報を把握した上で、慎重に行動するよう努めてください。
1月27日現在、湖北省に対して感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が,中国のその他の地域に対して感染症危険情報レベル1「十分注意してください」が発出されています。既に滞在中の方については、外務省「武漢市に在住する(予定の方を含む)皆様へ」を御確認ください。
武漢市以外の中国への渡航や留学等を予定している学生・教職員においても、感染がさらに拡大する可能性がありますので、下記の関連情報リンクや報道等から現地の最新情報を入手した上で、十分に注意いただくようお願いいたします。

関連情報
外務省海外安全ホームページ モバイル版
海外へ渡航される皆さまへ(外務省 HP
たびレジ - 外務省 海外安全情報配信サービス
中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について(厚生労働省 HP
在中国日本国大使館 HP

2020.1.24

文部科学省から表記のことについて注意喚起がありましたので、外務省や関連のHP等を参照し、最新の情報を把握した上で、慎重に行動するよう努めてください。
1月24日に「外務省安全ホームページ」において、中国湖北省武漢市の感染症危険レベルが「レベル3:渡航は止めてください。」に引き上げられました。既に滞在中の方については、外務省「武漢市に在住する(予定の方を含む)皆様へ」を御確認ください。
武漢市以外の中国への渡航や留学等を予定している学生・教職員においても、感染がさらに拡大する可能性がありますので、下記の関連情報リンクや報道等から現地の最新情報を入手した上で、十分に注意いただくようお願いいたします。

関連情報
外務省海外安全ホームページ モバイル版
海外へ渡航される皆さまへ(外務省 HP
たびレジ - 外務省 海外安全情報配信サービス
中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について(厚生労働省 HP
在中国日本国大使館 HP

2020.1.23

文部科学省から表記のことについて注意喚起がありましたので、外務省や関連のHP等を参照し、最新の情報を把握した上で、慎重に行動するよう努めてください。
1月23日に「外務省安全ホームページ」において、中国湖北省武漢市の感染症危険レベルが「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き上げられました。既に滞在中の方については、外務省「武漢市に在住する(予定の方を含む)皆様へ」を御確認ください。
武漢市以外の中国への渡航や留学等を予定している学生・教職員においても、感染がさらに拡大する可能性がありますので、下記の関連情報リンクや報道等から現地の最新情報を入手した上で、十分に注意いただくようお願いいたします。

関連情報
外務省海外安全ホームページ モバイル版
海外へ渡航される皆さまへ(外務省 HP
たびレジ - 外務省 海外安全情報配信サービス
中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について(厚生労働省 HP
在中国日本国大使館 HP