熊本大学埋蔵文化財調査センター速報展示2018 『発掘されたメインストリート』のご案内

event_available 日時: 2018年12月3日 9時0分 から 2019年4月30日 17時0分 まで

在学生 一般 その他
本イベントのサムネイル

ポスター
(PDF 843KB)

 埋蔵文化財調査センターでは、速報展示2018『発掘されたメインストリート』を下記のとおり開催いたします。当センターは1994年より、大学の地下に眠る遺跡の発掘調査を実施してきました。昨年度の最も大きな調査成果は、熊本大学医学部附属病院において見つかった江戸時代から明治にかけて利用された道路遺構の発見です。この道は熊本城から日向をつなぐ「日向往還」の旧ルートと想定されます。道路は昔から土地と土地とをつなぎ、人や物、情報を運ぶという重要な役割を担ってきました。速報展では道路遺構内から出土した陶磁器や火打石などの様々な遺物に加え、江戸時代の道路を再現したジオラマも展示しています。本展示をご覧頂くことで、道路の新しい側面を知って頂くとともに、当時の人々の往来を感じて頂ければと思います。展示期間中、発掘調査担当者による展示説明会を下記のとおり開催いたします。多数の皆さまのご来場をお待ちいたしております。

開催期間

平成30年12月3日(月) ~ 平成31年4月30日(火)

 休館日:土曜・日曜・祝日・12月28日~1月3日

会場

熊本大学 埋蔵文化財調査センター1階展示室

(キャンパスマップ 黒髪南地区 84番の建物)

対象 一般・教職員・学生
参加費 無料
申込方法

不要

展示解説 平成30年12月7日(金) 10:00~11:00
開館時間 9:00~17:00

お問い合わせ

埋蔵文化財調査センター 吉留・山野

096-342-3832

maibun[AT]jimu.kumamoto-u.ac.jp ※ [AT] を @ に書き換えてご使用ください。