平成30年度前期分(一般枠・熊本地震特別枠) 授業料免除について

現在、本学における授業料免除制度は、学力基準及び家計基準による通常の免除制度「一般枠」と、平成28年熊本地震により被災し、家計急変となった世帯を対象とした「熊本地震特別枠」があります。

本学における授業料免除制度については こちら

授業料免除

一般枠・熊本地震特別枠 平成30年度前期分授業料免除について

一般枠・熊本地震特別枠ともに、受付は全て終了しました。
※在学生申請期限 平成30年2月26日(月) ~3月2日(金)
※新入生申請期限 平成30年4月2日(月) 「入学手続・入学式等案内」冊子で案内

一般枠・熊本地震特別枠 平成30年度後期分授業料免除について

授業料免除ガイダンス及び申請受付は以下の予定です。詳細なスケジュール等は、6月中旬頃にお知らせします。

熊本地震特別枠について

申請対象は、学資負担者の居住している家屋が公的機関発行の罹災証明書により「全壊・大規模半壊・半壊」の世帯です。「全壊・大規模半壊」の世帯は、罹災証明書により、「熊本地震特別枠」で単願申請してください。「半壊」の世帯は、「一般枠」と「熊本地震特別枠」を併願申請してください。罹災証明書に加えて家計基準も併せて審査を行います。経済的に困窮と認定されない場合は、免除の対象となりません。

なお、「一部損壊」の世帯は、平成30年度より地震枠の対象外となります。申請を希望する場合は、一般枠で申請してください。

・ 熊本地震特別枠申請要領 (後日掲載予定)
・ 熊本地震特別枠申請書  (後日掲載予定)

熊本地震以外の災害救助法適用地域で被災した世帯の免除制度について

学資負担者が災害救助法適用地域において被災し、修学困難となった学生に対して、本人の申請に基づき審査の上、被災状況に応じた入学料及び授業料の免除制度があります。
対象となる災害は以下のとおりです。詳細については、担当までお問い合わせください。

1 鳥取県中部地震により被災した世帯
2 平成29年7月九州北部豪雨により被災した世帯
3 平成29年9月台風第18号により被災した世帯
4 平成29年11月24日以降に災害救助法の適用となった災害で被災した世帯
※上記の1~3については、平成30年度まで実施予定です。
  4については、災害発生後1年以内に納付する入学料及び授業料を対象とします。

授業料免除ガイダンス 平成30年7月上旬の3日間(12:15~12:35の予定)

※会場で申請書を配布します。ガイダンスでは、選考方法(学力基準や家計基準)や提出書類の変更点、注意点等を説明しますので、是非出席してください。やむを得ない事情で出席できない場合は、ガイダンス全日程終了後、経済支援担当窓口等で申請書等を配布します。

授業料免除申請受付 平成30年7月下旬~8月上旬 (平日5日間)

※一般枠・熊本地震特別枠ともに、同じ申請期間で受け付けます。期間を過ぎての提出は一切受け付けることができませんので注意してください。詳細の日時や場所は、ガイダンスで配布する免除のしおり等で確認してください。

お問い合わせ
学生支援部 学生生活課 学生支援チーム 経済支援担当
096-342-2126