WEBマガジン「KUMADAI NOW」留学現地リポート[イギリス・ダラム大学]

now-short2.jpg

image01.jpg

image02.jpg 熊本大学の交換留学制度を利用し、イギリス・ダラム大学に留学中の堤はるなさん(文学部コミュニケーション情報学科)。留学前のエピソードや現地での様子を紹介します。

Q.留学したきっかけは何ですか?
A.自分が大学で勉強していることに付加価値をつけるためです。大学では、英語を専攻していますが、マーケティングや情報処理などのメディア系も少し勉強しています。英語で海外の実践的学習と活動ができれば、必ず自分にプラスになると考えました。
ダラム大学を志望したのは、世界トップ100に入る大学であり、先進的なファイナンス研究と講義が行われているからです。それと、個人的にヨーロッパの歴史や街並みが大好きで、ダラム大学が世界遺産の町にあるからです。

Q.留学前の準備で大変だったことはありましたか?
A.たくさんあるのですが、まずは、勉強とアルバイトの両立。IELTS( ※1 )の勉強をしながら、留学資金のためにほぼ毎日アルバイトをしていました。体力よりも精神的にきつかったです。トビタテ奨学金( ※2 )の事前研修も含めて、東京・大阪へ何度も行ったことも大変でした。
留学が確定してから大変だったのは、VISAの申請や飛行機の手配以上に、とにかく留学先の情報が少なくてわからないこと。調べる、確認、調べる、確認の繰り返しで、出発直前まで余裕がありませんでした。
image03.jpg Q.留学先では、何を学んでいますか?
A.マーケティング、ビジネスマネジメント、メディア実践、ハリーポッター教育学、教育科目の「ヨーロッパの歴史と芸術」、文学科目で「恋愛と騎士道(直訳)」を受講しています。どの科目も毎週200ページ程のリーディングを要求されます。また、ビジネス科目は、プレゼンテーションやグループレポートが毎週のようにあって、勉強というより、修行という言葉の方がぴったり(笑)。充実しすぎている毎日です。

Q.寮ではどんな生活をしていますか?
A.私の寮はスポーツ学生が多くいます。バスケ部の友達と一緒にいることが多いですが、フロアメイトと集まってスポーツ中継を見て楽しむこともあります。毎週のようにパーティーやイベントがあって、いつも活気がある楽しい寮です。それと、事務員さんや食堂のスタッフが面白い!友達のように話しかけてきます。寮全体が大家族のような感じです。
平日は、6時に起床します。9時から授業が始まるので、それまではバスケの練習や授業の予習。18時から部活です。夕食後、21時から3時間は勉強時間にあてています。
何もしない休日はほとんどありません。誘われた飲み会やイベントには必ず参加をします。フェイスブックでイベント情報を見つけて友達と参加することもあります。旅行に出かけたり、バスケの試合があることもあります。
image04.jpg

Q.ズバリ、留学生活はいかがですか?
A.勉強に関しては、英語もビジネス関係のスキルも身についてきていることを実感しています。知らないことが、こんなにたくさんあるんだと実感させられる毎日です。
14年間続けてきたバスケを、ここでも続けられることも嬉しいです。バスケ部の友達とは、部活以外の時間を一緒に過ごすことも多く、言語と文化は違っても、楽しさを共有できる、という点はどこに行っても変わらないな、と感じています。
また、旅行の計画をするのも楽しみです。留学中に、ヨーロッパ諸国を行けるだけ周ろうと思っています。それを楽しみに勉強も部活も頑張っています。
世界中の友達がたくさんできるのも嬉しいですね。イギリスに来ていながら、一番の仲良しはアメリカ人とハンガリー人なんですよ(笑)。

Q.これから留学をしたいと思っている方にアドバイスやメッセージをお願いします。
A.留学する前は、「大好きな人たちと過ごす1年間を手放して、結局何も得られなかったら…」と考え、留学することがとても怖い時期もありました。経済的にも厳しく、アルバイト漬けの日々は、両親の力がなければ乗り切れなかったと感じています。長期留学には、自分の力でどうにかしないといけないことがたくさんありますが、時には人の力を借りることも必要だと感じました。
まだ留学は終わっていませんが、ここまで必死にやってきたことに意味があったと120%胸を張って言えます。今、私は、日々成長を感じながら、やりたいことを思う存分楽しんでいます!
スタートに早い遅いはありません。これから留学を考えている皆さん、心から応援しています。頑張ってください!

※このほかにも留学生の現地リポートが『熊大通信63号』に掲載されています。
是非こちらもご覧ください!
熊大通信63号

※1 IELTS…英語検定の1つで、留学やビザ申請の際に一定以上のスコアが必要となる。
※2 トビタテ奨学金…文部科学省が官民協働で取り組む海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」から支給される奨学金。
(2017年1月4日掲載)
お問い合わせ
マーケティング推進部広報戦略室
096-342-3122