現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(自然科学系) 熊本大学と凸版印刷が熊本城復旧支援で連携協定を締結

熊本大学と凸版印刷が熊本城復旧支援で連携協定を締結

 熊本大学大学院先端科学研究部(所在地:熊本市中央区、研究部長:宇佐川 毅、以下 熊本大学)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、2016年4月に発生した熊本地震により被災した熊本城をはじめとした被災文化財の復旧支援に関する取り組みにおいて、2017年5月1日に連携協定を締結しました。熊本大学と凸版印刷は、本協定の締結により、崩落した石垣の復旧支援のほか、熊本城内の被災状況・復旧過程をデジタルアーカイブし、VR技術を用いて効果的に公開するための手法開発を共同で実施します。
 まず第一弾として、熊本城石垣の復旧に向け、熊本大学がコンピュータビジョン技術を用いて開発した「石垣照合システム」と、凸版印刷が所有する被災前の熊本城の櫓や石垣など約4万点のデジタルアーカイブデータを融合。崩落した石材の元の位置を推定し、復旧現場における作業の効率化を目指します。

 

  1. プレスリリース
お問い合わせ
教育研究支援部自然科学系事務課
研究支援担当 096-342-3530
タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity