現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(自然科学系) 熊本大学をはじめとする熊本の産官学が推進する環境省委託プロジェクトで開発したEVバスの実証試験を平成30年2月から開始します

熊本大学をはじめとする熊本の産官学が推進する環境省委託プロジェクトで開発したEVバスの実証試験を平成30年2月から開始します

 地方公共交通の主力である路線バスに「排気ガスゼロ」、「CO2排出が少ない」、「低燃費」のEVバス(電気バス)を普及させるため、熊本大学大学院先端科学研究部の松田 俊郎 准教授を技術開発代表者とし、熊本の産官学が共同開発者として参加する環境省委託プロジェクト「EVバス、トラックの普及拡大を可能とする大型車用EVシステム技術開発」を進めています。
 このプロジェクトは、最新の電気自動車技術を使って廉価で実用性の高い普及型EVバスを実現して全国的なEVバスの社会実装を目指すものであり、平成30年2月から九州産交バスの営業路線ではじめての実証試験を開始します。


⇒ 詳細は、プレスリリース本文(PDF 191KB)をご覧ください。

 

 

お問い合わせ
熊本大学大学院先端科学研究部
(大学院先端科学研究部情報電気電子工学専攻)
担当:准教授 松田俊郎
電話:096-342-3631
e-mail:
toshiromatsuda※cs.kumamoto-u.ac.jp
(メール送信の際は※を@に換えてください)
タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity