現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(自然科学系) 蛍光X線ホログラフィー法によりリラクサー強誘電体の局所構造の3次元可視化に成功 ~新規高機能誘電・圧電材料実現へのブレークスルー~

蛍光X線ホログラフィー法によりリラクサー強誘電体の局所構造の3次元可視化に成功 ~新規高機能誘電・圧電材料実現へのブレークスルー~

 独立行政法人日本原子力研究開発機構の胡雯(Hu Wen)博士研究員、国立大学法人東北大学金属材料研究所の林好一准教授を中心とする研究グループは、公立大学法人広島市立大学、国立大学法人熊本大学との共同研究により、蛍光X線ホログラフィー法を用い、リラクサー強誘電体の局所的な原子配列(構造)を立体的(3次元的)に明らかにすることに初めて成功しました。
 今回の成果により、今後、リラクサー強誘電体の高機能物性の起源の解明が進み、鉛等の有害物質を使用することなく高性能な誘電・圧電性を有する強誘電体を実現するためのブレークスルーがもたらされます。また、蛍光X線ホログラフィー法は、不均質系結晶の構造解析を強力に押し進め、我が国の推進するグリーンイノベーションを支える、エネルギー利用の高効率化・スマート化を促す新規デバイス材料の開発等を促進することが期待されます。
 本研究成果は近日中に米国科学誌「Physical Review B (Rapid Communications)」誌にオンライン掲載される予定です。

発表のポイントは次のとおりです。

  • 原子分解能を持つ蛍光X線ホログラフィー法を不均質系結晶に初めて応用
  • 高誘電率・圧電係数を示すリラクサー強誘電体の局所構造の3次元可視化に初めて成功
  • 不均質系結晶の局所構造解析を強力に押し進め、新規材料開発に期待

詳細:プレスリリース本文(PDF 579KB)

【研究内容に関する問い合わせ先】
国立大学法人熊本大学自然科学研究科理学専攻物理科学講座教授
細川伸也
電話:096-342-3353
メール:hosokawa※sci.kumamoto-u.ac.jp
(※を@に置き換えてください)

タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity