現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(自然科学系) 三大学ワークショップを含む学生短期派遣プログラムを実施しました(自然科学研究科:於韓国)

三大学ワークショップを含む学生短期派遣プログラムを実施しました(自然科学研究科:於韓国)

2013 Engineering Workshop
三大学ワークショップを含む 学生短期派遣プログラム
(H25年度JASSO採択プログラム)

 自然科学研究科博士前期課程の学生12名が、韓国亜洲大学に於いて、第6回三大学ワークショップの発表を含む8日間(2013年11月7日~11月14日)の学生短期派遣プログラムに参加しました。

 本プログラムの目的は、第6回目となる熊本大学、亜洲大学(韓国)、山東大学(中国)間ワークショップに学生が参加し、教員とともに研究発表・研究討論を行うことで、学生の国際感覚を推進するものです。
 また、8日間の滞在期間中、英語を用いることから、学生の語学力を向上させる良い機会であり、将来、より長期間の留学を希望する動機付けとしても期待しています。
 参加した学生は、様々な活動を通して異文化に触れ、他国、特に韓国への理解を深めました。また、英語でのオーラル・プレゼンテーションや研究室訪問を経験し、亜洲大学学生の研究に対する高い意識及び積極性に触発された学生、英会話力・プレゼンスキルの必要性を感じた学生、海外への興味を持った学生など、それぞれが自分自身の今後の課題を見つけたようでした。

第1日目11月7日(木)

 韓国亜洲大学到着後、インターナショナルデーに参加しました。韓国や諸外国の伝統文化についての展示や体験ブースの見学をし、ウェルカムパーティーに参加しました。各大学の先生、学生、スタッフと交流を行いました。

第2日目11月8日(金)

 三大学ワークショップに教員と共に参加しました。
 3つのセッションに分かれ、12名全員が英語で発表を行い、4名がベストプレゼンテーションアワードを受賞しました。さらに参加教員と一緒に夕食会へ参加しました。

第3日目11月9日(土)

 三大学WSエクスカーションへ参加しました。(ソウルツアー)

第4日目11月10日(日)

 亜洲大の学生と一緒にバスツアーに行くなど、学生同士の親睦を深めました。

第5・6・7日目11月11日(月)~13日(水)

 自分の研究分野に関連する研究室を訪問し,亜洲大学の教員から指導を受けました。
 また研究室の学生と交流を行いました。

第8日目11月14日(木)最終日

 亜洲大学Paldal Hallにて、プログラムの修了式を行いました。学生は、各5分の持ち時間を使い、8日間の体験を英語でプレゼンし、修了証を授与されました。


 

熊本大学教育研究推進部
自然科学系事務ユニット
大学院教務担当
Dial-in:093-342-3013(Ext.3013)
E-mail:szd-kyomu@jimu.※
(迷惑メールへの対策のため、メールアドレスのkumamoto-u.ac.jpを※に置き換えております。)

 

 

タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity