現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(生命科学系) 黄砂飛来の翌日に急性心筋梗塞が増える可能性

黄砂飛来の翌日に急性心筋梗塞が増える可能性

 熊本大学の小島淳特任准教授ら、国立環境研究所の道川武紘主任研究員ら、京都大学、工学院大学、国立循環器病研究センターの研究者らと共同で、熊本大学が熊本県内の医療機関や熊本県との協力の下で実施している、急性心筋梗塞登録事業のデータを利用した環境疫学研究を行い、アジア大陸の砂漠域に由来する黄砂が心筋梗塞の発症と関連していることを明らかにしました。とくに、慢性腎臓病のある方が、黄砂の影響を受けて心筋梗塞を起こしやすくなる可能性を示したのは世界初です。今後、黄砂の影響を受けやすい要因に関する知見を蓄積し、黄砂による健康影響の予防につなげていくことが期待されます。
 本研究は、平成26年~28年度環境省環境研究総合推進費、公益財団法人総合健康推進財団平成28年度第33回一般研究助成、科学研究費助成事業平成29年度挑戦的研究、平成29年度熊本大学めばえ研究推進事業助成支援を受けて実施したものです。本研究成果は平成29年8月29日午前11時30分(現地時間)にスペイン・バルセロナで開催されたヨーロッパ心臓病学会のHot Lineで口頭発表するとともに、平成29年8月29日循環器専門誌であるEuropean Heart Journalに論文が掲載されました。
 

【論文名】
Asian dust exposure triggers acute myocardial infarction.

【著者名】
Sunao Kojima, Takehiro Michikawa, Kayo Ueda, Tetsuo Sakamoto, Kunihiko Matsui, Tomoko Kojima, Kenichi Tsujita, Hisao Ogawa, Hiroshi Nitta, Akinori Takami.

小島 淳(熊本大学 大学院生命科学研究部 特任准教授)
道川 武紘(国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター 主任研究員)
上田 佳代(京都大学 工学研究科 准教授)
坂本 哲夫(工学院大学 先進工学部 教授)
松井 邦彦(熊本大学 医学部附属病院 特任教授)
小島 知子(熊本大学 大学院先端科学研究部 准教授)
辻田 賢一(熊本大学 大学院生命科学研究部 教授)
小川 久雄(国立循環器病研究センター 理事長)
新田 裕史(国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター フェロー)
高見 昭憲(国立環境研究所 地域環境研究センター センター長)

【掲載雑誌】
European Heart Journal

【詳細】プレスリリース本文(PDF 563KB)

お問い合わせ
熊本大学 大学院生命科学研究部
心不全先進医療共同研究講座
特任准教授
小島 淳(こじま すなお) Tel:096-373-5395
e-mail:kojimas※kumamoto-u.ac.jp

(※を@に置き換えてください)

 

タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity