現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(生命科学系) 血管分化を導く遺伝プログラムの一部を解明―血管分化におけるヒストンと転写のはたらきを同定―

血管分化を導く遺伝プログラムの一部を解明―血管分化におけるヒストンと転写のはたらきを同定―

 再生医療の進展に向けて各臓器に酸素や栄養を運ぶ役割をもつ血管を構築することは急務となります。そこで熊本大学生命資源研究・支援センターの南 敬教授は京都大学 iPS 細胞研究所、東京大学先端科学技術研究センターと共に、幹細胞が血管細胞になる間におこる全遺伝子の働きの変化を追跡しました。その結果、幹細胞が血管に分化する際の刺激に応じて、遺伝子の転写の状態を変化させる「ヒストンコード」が経時的に変化していることを突き止め、更に、血管分化に必須な転写因子群 (ETS/GATA/SOX) が新たな役割を持っていることを見出しました。
 本研究の成果は、「Nucleic acids research」に平成29年3月17日0時(GMT)【日本時間の3月17日(金)9:00】に掲載されました。

【論文名】
Dynamically and epigenetically coordinated GATA/ETS/SOX transcription factor expression is indispensable for endothelial cell differentiation

【著者名】
Yasuharu Kankia,b,c,1,2, Ryo Nakakid,1, Teppei Shimamurae,1, Taichi Matsunagaf,g,, Kohei Yamamizuf,g, Shiori Katayamaf,g, Jun-ichi Suehiroh, Tsuyoshi Osawac, Hiroyuki Aburatanid, Tatsuhiko Kodamac, Youichiro Wadaa,c, Jun K Yamashitaf,g, Takashi Minamib,i,2

aIsotope Science Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
Div. of bVascular Biology, cSystems Biology, and dGenome Sciences, RCAST, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
eDept. of Systems Biology, Graduate School of Medicine, Nagoya University, Nagoya, Japan
fDept. of Stem Cell Differentiation, Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto University, Kyoto, Japan
gDept. of Cell Growth and Differentiation, CiRA, Kyoto University, Kyoto, Japan
hDept. of Pharmacology and Toxicology, Kyorin University School of Medicine, Tokyo, Japan
iDiv. of Molecular and Vascular Biology, IRDA, Kumamoto University, Kumamoto, Japan

【掲載雑誌】
Nucleic acids research

【詳細】プレスリリース本文(PDF 361KB)
 

お問い合わせ
熊本大学生命資源研究・支援センター
担当:教授 南 敬
電話:096-373-6500
e-mail:t-minami※kumamoto-u.ac.jp
(メール送信の際は※を@に換えてください)
タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity