現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(生命科学系) 1匹の雌マウスから100個の卵子を排卵させることに成功!

1匹の雌マウスから100個の卵子を排卵させることに成功!

 現在、遺伝子破壊マウス(ノックアウトマウス)※1のバックグラウンドであるC57BL/6系統マウスにおいて、通常の過剰排卵誘起で得られる卵子数は平均20個前後であり、排卵数が10個以下であるケースもしばしばです。排卵数が少ないということは研究効率化の妨げとなっているだけでなく、採卵はマウスを安楽死させて行うため、多数の雌を犠牲にしなければならないことも、動物の愛護・福祉の観点からきわめて大きな問題となっていました。
そこで、今回、私たちは超過剰排卵誘起法を開発し、1匹の雌マウスから100個の卵子を排卵させることに成功しました。
これらの卵子は、体外受精-胚移植により正常な2細胞期胚※2(図1)および産子(図2)へ発生することも確認されており、今後のノックアウトマウスの大量作出に極めて有用な技術となり得るものと期待されています。

 この超過剰排卵誘起法は、ナショナルバイオリソースプロジェクト 基盤技術整備プログラムの支援により、生命資源研究・支援センター 動物資源開発研究部門(CARD)・資源開発分野の中潟直己教授、竹尾透講師らのグループが開発したものであり、その成果は5月29日にPLOS ONEに発表されました。

【論文著者・タイトル】
Superovulation using the combined administration of inhibin antiserum and equine chorionic gonadotropin increases the number of ovulated oocytes in C57BL/6 female mice. Takeo Toru, Naomi Nakagata

【掲載雑誌】

  • PLOS ONE(May 29, 2015DOI: 10.1371/journal.pone.0128330)

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0128330

  • ISTT blog(International Society for Transgenic Technologies BLOG)

http://transtechsociety.org/blog/?p=1575
 

【詳細】プレスリリース本文(PDF 315KB)

お問い合わせ
熊本大学生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究部門(CARD)・資源開発分野
担当:中潟 直己
電話:096-373-6564
e-mail:nakagata@kumamoto-u.ac.jp
(迷惑メール対策のため@を※に換えています。)

 

タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity