You are here: Home お知らせ お知らせ(生命科学系) 乳がんの治療抵抗性の仕組みを解明!-難治性・再発性乳がんの新しい診断・治療法に向けて-

乳がんの治療抵抗性の仕組みを解明!-難治性・再発性乳がんの新しい診断・治療法に向けて-

 熊本大学発生医学研究所(中尾光善所長)は、高速シーケンサーの解析を用いて、ヒトの乳がん細胞のホルモン療法耐性化の機序を初めて解明しました。乳がんの再発過程において、エストロゲン受容体をつくるESR1遺伝子が高発現することに、新規の非コードRNA「エレノア」が関わっていることを発見しました。また、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールは、エレノアとESR1遺伝子の高発現を阻害して、乳がん細胞の増殖を抑制することが分かりました。

 本研究成果は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST;平成27年4月1日に日本医療研究開発機構(AMED)が設立されたことにともない、本課題はAMEDに承継され、引き続き研究開発の支援が実施されます。)、文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究「動的クロマチン構造と機能」、熊本大学の博士課程教育リーディングプログラム「グローカルな健康生命科学パイオニア養成プログラムHIGO」の支援を受けて、科学雑誌「Nature Communications」オンライン版にロンドン時間の2015年4月29日(水)10:00【日本時間の4月29日(水)18:00】に掲載されました。
(URL:http://www.nature.com/search?journal=ncomms&q=A%20cluster%20of%20noncoding%20RNAs%20activates%20the%20ESR1
%20locus%20during%20breast%20cancer%20adaptationhttp://www.nature.com/search?journal=ncomms&q=A%20cluster%20of%20noncoding%20RNAs%20activates%20the%20ESR1
%20locus%20during%20breast%20cancer%20adaptation


 この成果は、難治性・再発性乳がんを攻略する鍵であるエストロゲン受容体の発現の機序を解明したことから、新しい診断および治療法の確立につながるものです。熊本大学発生医学研究所細胞医学分野の斉藤典子准教授、中尾光善教授らが、同大学院生命科学研究部乳腺・内分泌外科学分野の冨田さおり医師、岩瀬弘敬教授、九州大学医学研究院の大川恭行准教授らとの共同研究で行いました。

【詳細】プレスリリース本文(PDF 427KB)

お問い合わせ
熊本大学発生医学研究所
細胞医学分野
担当:教授 中尾 光善(なかお みつよし)
准教授 斉藤 典子(さいとう のりこ)
電話:096-373-6804
e-mail:mnakao※kumamoto-u.ac.jp(中尾)
norikos※kumamoto-u.ac.jp(斉藤)
<JSTの事業に関すること>
科学技術振興機構 戦略研究推進部
ライフイノベーショングループ
担当:川口 哲(かわぐち てつ)
電話:03-3512-3524 FAX:03-3222-2064
e-mail:crest※jst.go.jp
(迷惑メール対策のため@を※に換えています。)

 

Filed under:
  • Copyright©KumamotoUniversity