現在位置: ホーム お知らせ お知らせ(教育学部系) 「学生観光PRアワード」で教育学部の学生がグランプリ(観光庁長官賞)を受賞!

「学生観光PRアワード」で教育学部の学生がグランプリ(観光庁長官賞)を受賞!

全国47都道府県67大学の大学生が参加した、地元の観光の魅力を国内外にPRする企画「学生のチカラで日本を元気に!第2回都道府県対抗・学生観光PRアワード」の岩手県で行われた最終審査会で、本学教育学部4年の坂梨有佳さんがグランプリ(観光庁長官賞) を受賞しました。
 最終審査の発表内容は1.地元観光PR、2.地元のお土産物のアイデアプラン、3.地元のドライブコースの提案で構成され、坂梨さんは熊本弁を駆使しながら熊本の日本一の生産物や熊本縁の人、名所などを紹介。日本の三大名城の1つである熊本城から世界規模のカルデラを有する阿蘇山までのドライブルートを臨場感たっぷりに案内し、お土産には竹のケースに、日本一の評価を得た菊池米と名水百選に選ばれた菊池水源の名水をセットにした「熊本県産・まいうまい」(「my」「米」「美味い」を掛けた)を提案し、見事グランプリに輝きました。インターネットや本で得る情報だけではなく、熊本各地を自ら駆け回ったことで、実感のこもった、審査員の心を引きつけるプレゼンテーションにつながりました。
 このことを谷口学長へ報告をすると「全国で1位になったことは大変素晴らしい!これを機に坂梨さんに続く学生が出てくるように後輩指導を行って欲しい。」との賛辞を贈られました。
 坂梨さんは「この企画に参加したことで、熊本が大好きと改めて実感しました。ふるさとを知り、ふるさとが好きになる。好きの集まりは大きな力になると感じています。私自身もその一端を担えるよう頑張りたいと思います。」 と抱負を述べました。


谷口学長と記念撮影

お問い合わせ
教育研究推進部教育学部事務ユニット
096-342-2513
タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity