現在位置: ホーム 機構・教育研究施設等 イノベーション推進センター くまもと地方産業創生センター

くまもと地方産業創生センター

設置の背景と目的 

 日本では、地方と都市部の経済格差により、首都圏への一極集中と若者の地方からの流出を招いている状況にあります。特に都市部への転入超過が大学卒業・就職時の若い世代に集中していることから、地方の大学は、地域の自治体や企業等と協働し、地域の雇用創出及び地元への就職率向上に貢献することが求められています。 

 熊本大学では、地方において存在意義のある国立大学として社会貢献事業を実施するにあたり、地域産業の活性化を支援し雇用創出に繋げるため、熊本に特化した産学連携を推進する「くまもと地方産業創生センター」を新たに設置しました。

 このセンターは、熊本の自治体、産業界、研究機関等のオー ル熊本で地域産業の活性化及び雇用創出を図るための強固な連携体制の拠点となるものです。

 オープンセンターとして開放することで、学生を含め、企業や自治体など、
誰もが 気軽に足を運べる場所とし、活発な人的交流と本学の知的資産の活用、
企業から学生 へ向けた人材育成等により、魅力ある地元産業の振興を支援し、
若年層の地元定着に 繋がるような雇用創出、地域課題解決を目指します。

※ なお、イノベーション推進人材育成センター(HUREC)事業は、当センター
  の事業の一部として取り込まれ、継続実施されます。
 

 

お問い合わせ
くまもと地方産業創生センター
096-342-3288(内線101)
  • Copyright©KumamotoUniversity