現在位置: ホーム 機構・教育研究施設等 イノベーション推進機構 発明・特許について

発明・特許について

特許出願

 イノベーション推進機構(以後本機構と記す)では、学内で知的財産が創出され活用されるまでのフローを以下に掲載する「知的財産の創出から国内出願までのフロー」に基づき運用しています。

 また、成果有体物に関する手続きの受入/提供をフロー化し、以下に掲載する「有体物受入/提供手続きフロー図」に基づき運用しています。
 

知的財産の創出から国内出願までのフロー

発明・特許出願についてのお問い合わせはこちら

I 発明等知的財産の内部評価・出願・管理

 職員等からの「発明等届出書」を本機構で受領後、ヒヤリング、先行技術文献調査等を行う。
 そして、出願するか否かの内部評価は、外部機関の見解を基に知的財産審査委員で最終意志決定を行う。その結果を受け、本機構で出願・管理する。

II 外部評価

 外部委託機関が中心となる。

III 審査請求

 大学有出願案件の審査請求をするか否かの判断は、知的財産審査委員会で最終意志決定を行う。その結果を受けて本機構で手続きを進め、管理する。

IV 権利維持

 権利を維持するか否かの最初の判断は、登録から3年後に外部評価結果等に基づき、知的財産審査委員会で最終意志決定を行う。それ以降は、1年ごとに判断する。
 

よくある質問

特許出願Q&A

 

▲このページのトップへ

 

お問い合わせ
お問い合わせはこちらのページをご参照ください。

 

  • Copyright©KumamotoUniversity