現在位置: ホーム 教育 卒業・修了要件

学修成果に係る評価


厳格で適正な成績評価の基本的な考え方について

平成26年2月20日 熊本大学教務委員会
 

1.目的
 予め授業計画書に明示した授業の到達目標と評価方法・基準に基づき、厳格で客観的・公正な成績評価を行なうことにより、本学における教育の質を担保するとともに、社会からの信頼性を確保する。

2.成績評価の区分
(1)成績評価は5段階による評価区分とし、合格は秀(100点~90点)、優(89点~80点)、良(79点~70点)、可(69点~60点)と表示し、不合格は不可(59点~0点)と表示する。ただし、授業形態(演習・実習等)、科目の特性(インターンシップ等)などにより5段階評価が困難な場合には、柔軟な評価区分を行なうことができるものとする(例:合格・不合格)。
(2)秀・優・良・可の区分については、成績分布の著しい偏在に留意するものとする。特に秀・優については合わせて30%以内を目安とし、厳格で客観的・公正な成績評価に努めるものとする。
(3)共通科目・同一名称科目(語学・理系基礎科目等)の成績評価の基準・方法については、担当教員間で充分に協議をして設定するものとする。

3.成績評価方法の公表
(1)成績評価の基準・方法については、年度当初に授業計画書で公表するものとする。
(2)期末試験だけによる評価でなく、小テスト、レポート、ディスカッション、授業への参加度等も含めた総合評価に努め、評価要素ごとに評価割合を明示する(例:試験80%、ディスカッション20%)。

4.成績評価結果の説明
(1)成績評価の結果については、講評会・Web掲示等により、試験結果の講評や模範答案(優秀答案)の掲示に努めるものとする。
(2)答案の採点は予め作成された採点基準に基づくものとし、答案は採点基準を添えて学生へ返却するように努めるものとする。
(3)教員(又は所属部局)は、答案(写し)を5年間保管しなければならない。

5.GPAの全学的共有
 学部等は、厳格で適正な成績評価を実践し、進級・卒業時の学力を測る尺度として、GPAの活用に努めるものとする。

6.成績評価に関する質問・疑問の受付け
 成績発表後、一定期間を設けて、教員は学生からの成績評価に関する質問・疑問等を受け付け、真摯に対応するものとする。

7.成績評価の異議申し立て
 成績評価に関する質問・疑問に対する教員の説明では解決が得られなかった場合は、予め決められた一定期間内において、成績評価に関する異議申し立てをすることができる。異議申し立てを行なう場合には、所定の期間内に、関係部局等の定める手続きに拠り、「成績評価に関する異議申立書」(所定の様式による)を、事務担当係へ提出するものとする。

 

お問い合わせ
学生支援部 学務課 教育支援チーム 教務支援担当
096-342-2716
  • Copyright©KumamotoUniversity