現在位置: ホーム 教育 3つの方針 大学院課程

大学院課程

学位授与の方針

博士前期・修士・専門職

博士前期課程・修士課程・専門職大学院では、学士課程で築いた基礎の上に、地域や国際的なニーズにマッチした高度かつ専門的な教育・研究プログラムによって、以下の知識・能力を修得する。

  • 高度な専門的知識・技能及び研究力
    学士課程教育の基盤の上に高度な知識をもち、生涯を通して学習を継続する力と知識を最新のものに更新する姿勢を示す。研究活動において、情報を駆使して、アイデアを発展させ、応用する創造力をもっている。
  • 学際的領域を理解できる深奥な教養力
    高度で普遍性のある教養を身につけ、知識を統合する能力を有し、自らの知識や理解を適用する際の社会的、倫理的責任を考慮しつつ、複雑な課題を解決できる。
  • グローバルな視野と行動力
    現代社会が直面する課題の解決に挑戦するために、世界の多様な文化・歴史・制度を理解し、国際的に通用する専門知識・技能及び自らの考えをもち、それらを専門家に対しても、一般の人々にも、明確に伝えることができるコミュニケーション力を修得している。
  • 地域社会を牽引するリーダー力
    自らの知識、技能、そして問題解決能力を、専攻分野及びより広い学際的な領域で発揮して、地域における指導的人材として活躍できる。

博士後期・博士

博士後期課程・博士課程では、学士課程、修士課程・博士前期課程において築いた知的基盤の上に、自主・自律の精神を尊重した教育・研究プログラムによって、以下の先導的な知識・能力を修得する。

  • 高度な専門的知識・技能及び研究力
    専攻分野の体系的な知識とその分野の研究に必要な技術と方法を修得し、高い専門性を必要とする到達目標を設定し、深い洞察力と総合的な判断力をもって自律的な研究活動ができ、その成果を以て知識基盤社会に貢献できる。
  • 学際的領域を理解できる深奥な教養力
    高度で普遍性のある教養を基盤とし、自らの知識や理解を研究に適用する際の社会的、倫理的責任を考慮しつつ、俯瞰的視野をもって学術の新たな地平を切り拓く。
  • グローバルな視野と行動力
    独創的な研究により、学問分野の先端知識を創造し、その成果を国内外に発表し、グローバル社会における知識の最前線の拡大に貢献できる。
  • 地域社会を牽引するリーダー力
    学術及び専門的な観点より、地域社会における産業、文化、教育、医療福祉などの振興に寄与する先端的研究者及び研究マインドをもつ高度な専門職業人として、地域社会のリーダーとなる。
お問い合わせ
学生支援部 学務課 学務企画チーム 教育評価担当
096-342-2755
  • Copyright©KumamotoUniversity