現在位置: ホーム 国際交流 お知らせ マヒドン大学医学部長らが本学を表敬訪問

マヒドン大学医学部長らが本学を表敬訪問

 平成29年12月11日、マヒドン大学(タイ)のプラシット・ワタナパ医学部長以下3名の訪問団が原田信志学長を表敬訪問しました。

 マヒドン大学はタイ国内屈指の研究レベルを誇る総合大学です。特に同大学附属のシリラ病院については1888年に設立された歴史ある病院であり、2013年の大学間交流協定締結後は医学分野を中心に教員間、学生間交流が盛んに行われています。

 原田学長との懇談では、これまでの交流実績や今後の交流計画についての報告があり、和やかに終了しました。

 訪問団は同日、安東大学院生命科学研究部長を表敬訪問し、平成29年7月に締結した大学院医学教育部とのダブルディグリープログラム協定について具体的な協議を行いました。また、黒髪キャンパス内見学、熊本大学医学部附属病院の視察を通じ、本学についての理解をより深めた機会となりました。

 今回の訪問は双方の交流促進の契機となり、今後益々の交流が期待されます。

 

左からシワノン・ジラワタノタイ教授、タワンチャイ・リムジンダーポン医学部国際副部長、プラシット・ワタナパ医学部長、原田学長、岡田誠治エイズ学研究センター教授

 

お問い合わせ
マーケティング推進部 国際戦略課
096-342-2101
タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity