現在位置: ホーム 熊本大学基金 熊本大学基金による大学事業

熊本大学基金による大学事業

平成29年5月31日

 熊本大学は、人材の育成を通じて、「人の命、人と自然、人と社会」に関する活発な教育・研究活動の成果を活用し、地域に根ざしてグローバルに展開する未来志向の研究拠点大学として更なる飛躍を遂げるため、広く学内外の皆様からの寄附の受け入れを継続的に行います。

 熊本大学基金で行う事業は、学外者が半数を占める熊本大学基金運営会議が決める事業のほか、寄附いただく際に、次の全学事業及び学部・研究科教育研究支援事業からお選びいただくことで、より寄附者の皆様のご意向に沿ったものとして執行させていただきます。

クレジットカードによるご寄附について(ご注意)
クレジット会社を経由するため大学への送金は約1~1.5ヶ月後となります。寄附金証明書の発行も1.5~2ヶ月後となることがありますので、予め承知ください。
特に、毎年12月16日から12月31日までに本基金へご寄附のお申し込み手続きをされた場合には、確定申告時、所得(法人)税法上の優遇措置をお受け頂く際に必要になります「寄附金証明書」の発行が3月上旬となりますので、ご注意ください。

全学事業

教育・学生支援事業

 学部・大学院等における特待生制度、奨学金制度、課外活動支援など、教育的及び環境的支援の充実を図ります。

国際共同協力事業

 学生の国際的な視野を広げるとともに学習・研究能力を高めるための海外留学制度、学内開催の国際共同研究や国際協力事業の充実を図ります。

研究助成事業

 本学独自のテニュア・トラック制度による若手研究者の自立的研究環境整備促進、女性研究者がキャリアアップするための支援制度及び育児環境整備などの充実を図ります。

地域貢献・社会貢献活動事業

 地域との連携を強め、産業創成や起業家育成等の地域活性化に貢献し、社会に開かれた大学として、社会人のキャリアアップ、授業開放、公開講座など生涯を通じた学習の場の充実を図ります。

キャンパス環境整備事業

 樹木や芝生など緑に溢れた環境に配慮した、魅力あるキャンパス整備及び教育研究施設の充実を図ります。

永青文庫史資料整備事業

 永青文庫史資料(細川家文書)群の総合的な研究の進展を図り、研究成果等を公開・還元し、地域文化の振興に貢献します。

  1. 永青文庫の情報についてはこちら
    熊本大学文学部附属永青文庫研究センターホームページ

五高記念館周辺環境整備事業

 五高記念館をはじめ国の重要文化財に指定された歴史的建造物等の維持・保全を図るほか、赤門から五高記念館までの通称「サインカーブ」周辺の環境を、地域にも開かれた憩いの場に整備します。

  1. 五高記念館の情報についてはこちら→五高記念館ホームページ

修学支援事業

 修学支援基金は、経済的な理由で修学が困難な学生等に対して修学に必要な経済的支援を行うことを目的としています。
対象となる事業は、入学料、授業料または寄宿寮の一部を免除、学習資金の貸与、または支給、学生の海外への留学に係る費用を負担などです。

学部・研究科教育研究支援事業

 各学部・研究科では、以下のような事業に重点的に取り組みます。
ただし、学部・研究科教育支援事業の30%(平成28年10月1日からは10%)は平成28年熊本地震で被災した学生や留学生への修学支援の資金として全学的に使用させていただきます。

文学部教育研究支援事業

 学生の海外留学支援、障がいを持つ学生支援、永青文庫研究支援、若手研究者出版助成支援、法文棟の緑化推進に取り組みます。

  1. 文学部の情報についてはこちら→文学部ホームページ

教育学部教育研究支援事業

 学生の海外留学支援、経済的支援、就職対策(教員採用試験合格率アップ)支援、子育て支援環境整備、学生会館ホール整備に取り組みます。

  1. 教育学部の情報についてはこちら→教育学部ホームページ

教育学部附属中学校創立70周年記念事業

 2018年に教育学部附属中学校創立70周年を迎えるに当たり、教育学部附属中学校の教育・研究環境整備を実施します。

法学部教育研究支援事業

 学生支援(学習環境整備、課外活動支援、就職・進学支援、海外留学支援)、法文棟の緑化推進に取り組みます。

  1. 法学部の情報についてはこちら→法学部ホームページ

理学部教育研究支援事業

 学生支援(学習環境整備、海外派遣支援、学習活動支援)、特定地域教育支援、中庭環境整備に取り組みます。

  1. 理学部の情報についてはこちら→理学部ホームページ

医学部医学科教育研究支援事業(医学教育・研究基金)

 学生支援(奨学金・特待生制度、国際奨学制度)、教育・研究者及び医療関係者の教育・研究助成支援(特任教員雇用の補助、熊本医学生物学シンポジウムなどの学会、研究会支援)、教育施設(図書・講義棟等)の整備、福利厚生施設(部室)の整備・充実、山崎記念館・肥後医育記念館・楷樹会館の整備に取り組みます。

  1. 医学部の情報についてはこちら→医学部ホームページ

医学部保健学科教育研究支援事業

 学生支援(学習環境整備、海外派遣支援、学習活動支援)、教育・研究者の教育・研究助成支援、教育・研究施設の整備に取り組みます。

  1. 医学部保健学科の情報についてはこちら→医学部保健学科ホームページ

医学教育部教育研究支援事業(柴三郎プログラム)

 優秀な医学研究者、特に基礎研究医を養成する柴三郎プログラムに奨学制度を設け、学生支援に取り組みます。

  1. 柴三郎プログラムの情報についてはこちら→柴三郎プログラムホームページ

医学部120周年記念事業

 2016年に医学部創立120周年を迎えるに当たり、記念事業の一環として、肥後医育記念館のリニュアル及び史料収蔵庫の建設などを実施します。

  1. 医学部120周年事業の情報についてはこちら→熊杏会(医学部同窓会)ホームページ

HIGOプログラム教育研究支援事業

 グローカルな健康生命科学パイオニア養成プログラムHIGO(HIGOプログラム)では九州・アジア・世界で健康生命に関連する行政、企業、教育・研究機関で活躍するリーダーの育成を目指しています。HIGOプログラム生の教育・研究に関する支援及び経済的支援に取り組みます。

  1. HIGOプログラムの情報についてはこちら→HIGOプログラムホームページ

薬学部教育研究支援事業

 学生支援(実務実習支援、国際奨学制度)に取り組みます。

  1. 薬学部の情報についてはこちら→薬学部ホームページ

薬学部キャンパス薬草パーク事業

 大江キャンパス構内を、多くの薬用植物や希少植物の保護・育成と共に地域へ開放する「薬草パーク」整備に取り組みます。

  1. 薬草パーク事業の情報についてはこちら→薬草パーク構想ホームページ

工学部教育研究支援事業

 ものづくり教育プログラム・理数学生応援プログラムの充実、学生の課外活動支援と表彰、国内外における国際共同教育や教員学生の国際交流支援、工学部の広報活動・情報発信の拡充に取り組みます。

  1. 工学部の情報についてはこちら→工学部ホームページ

工学部120周年記念事業

 2017年に工学部創立120周年を迎えるに当たり、記念事業の一環として、これからのグローバルな時代を担う学生の支援・育成に取り組みます。

  1. 工学部120周年記念事業の情報についてはこちら

    →工学部120周年記念事業ホームページ

社会文化科学研究科教育研究支援事業

 修了者と在籍者との相互交流支援、留学生教育の一層の充実、学生の国際学会参加への支援に取り組みます。

  1. 社会文化科学研究科の情報についてはこちら→社会文化科学研究科ホームページ

自然科学研究科教育研究支援事業

 自然科学研究科主催学生国際会議の開催、国際共同教育関連国際シンポジウムの開催、海外協定校との教員・学生の相互交流支援、奨学制度による学生支援に取り組みます。

  1. 自然科学研究科の情報についてはこちら→自然科学研究科ホームページ

法曹養成研究科教育研究支援事業

 学生の学習環境の整備、司法試験対策、進学(博士課程進学)支援、就職支援、海外交流校との教員・学生の相互交流支援、若手法曹の支援、法科大学院関連施設(附属臨床法学教育研究センター等)の整備、法曹養成研究科の広報活動・情報発信の拡充に取り組みます。

  1. 法曹養成研究科の情報についてはこちら→法曹養成研究科ホームページ

発生医学研究所教育研究支援事業

 熊本大学が世界に誇る疾患モデルマウスを使って、身体と臓器の発生の仕組みを解明し、その知見をもとにヒトiPS細胞から臓器を再建して、再生医療の実現を目指します。若手研究者の育成、先端研究の推進、共同研究の支援活動を国際レベルで取り組みます。

  1. 発生医学研究所の情報についてはこちら→発生医学研究所ホームページ

 

お問い合わせ
マーケティング推進部 基金・同窓会担当
096-342-3129
  • Copyright©KumamotoUniversity