現在位置: ホーム 研究 お知らせ・イベント 国際セミナー「東アジアにおける裁判外紛争解決方法の多様化と調停の役割」を開催します。

国際セミナー「東アジアにおける裁判外紛争解決方法の多様化と調停の役割」を開催します。

日時 2017年12月14日
12時50分 から 16時00分 まで

人文社会科学系国際共同研究拠点事業 国際セミナー
「東アジアにおける裁判外紛争解決方法の多様化と調停の役割 -韓国、台湾、香港、マカオ、日本および中国を中心に-」


ポスター
(PDF 574KB)

 このたび、熊本大学人文社会科学系国際共同研究拠点事業の一環として、「東アジアにおける裁判外紛争解決方法の多様化と調停の役割-韓国、台湾、香港、マカオ、日本および中国を中心に」というテーマで、国際セミナーを開催いたします。

東アジア諸国の調停制度を学ぶ貴重な機会ですので、多くの方のご参加をお待ちいたしております。(途中からの参加も歓迎いたします)。
詳細は下記プログラムをご覧ください。

ご講演は日本語、中国語及び英語で行われますが、通訳付きですので、どなた様もお気軽にお越しください。
            

場 所 熊本大学 黒髪北地区 文法学部棟1階 A3講義室
キャンパスマップ黒髪北地区[1]番の建物
日 時 平成29年12月14日(木)12時50分~16時
テーマ

東アジアにおける裁判外紛争解決方法の多様化と調停の役割
 ー韓国、台湾、香港、マカオ、日本および中国を中心にー

プログラム
・12:50~ 開会挨拶 髙橋 隆雄 (熊本大学 人文社会科学系国際共同研究拠点長)
・12:55~ 趣旨説明 葉 陵陵    (熊本大学 大学院社会文化科学研究科 教授)
・13:00~ 日本  -   川嶋 隆憲  (熊本大学 法学部 准教授)
・13:15~ 韓国  -   尹  龍澤    (創価大学 法科大学院 教授)
・13:30~ 台湾  -   林  玠鋒    (輔仁大学 法律学院助 教授)
・14:05~ 中国  -   葉  陵陵    (熊本大学 大学院社会文化科学研究科 教授) 
・14:30~ 香港  -   顧  敏康    (香港城市大学 法律学院 教授)
・15:05~ マカオ -  駱  偉建   (マカオ大学 法学院 教授)
・15:40~ 討論・質疑 
・15:55~ 閉会挨拶  深町 公信(熊本大学 法学部長)
申込方法
当日会場にお越しください。
駐車場は限りがありますので、できるだけ公共機関でお越しください。

お問い合わせ
マーケティング推進部研究推進課
人文社会科学系国際共同研究拠点担当096-342-2480  
k-senryaku※jimu.kumamoto-u.ac.jp(メール送信の際は※を@に換えてください)
イベントをカレンダーに追加 vCal iCal
タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity