現在位置: ホーム 研究 お知らせ・イベント 産業医から見た自治体職員の倫理-熊本地震対応を通じて-

産業医から見た自治体職員の倫理-熊本地震対応を通じて-

日時 2017年06月08日
15時00分 から 17時00分 まで

熊本大学生命倫理研究会「産業医から見た自治体職員の倫理  -熊本地震対応を通じて-」


ポスター
(PDF 298KB)

 このたび、生命倫理研究会(※)の一環として、研究会メンバーの医師・学術博士の藤井可(ふじい たか)先生から、「自治体職員の倫理-熊本地震対応を通じて-」というテーマで、ご講演いただきます。

 藤井先生は、熊本市役所で産業医として勤務されていて、昨年の熊本地震後には、多くの市職員の面談を実施されています。
今回は、熊本地震での職員の対応を通じて、産業医の視点からとらえた「自治体職員の倫理」についてお話しいただきます。

 一般の方はもちろん、教員、学生等の皆さまのご参加をお待ちしております。

※生命倫理研究会とは、人社系と生命系の研究者が同じテーマで研究討議をおこなう大変ユニークな研究会です。

場 所 熊本大学 黒髪北キャンパス 文法学部棟2階 共用会議室
キャンパスマップ黒髪北地区[1]番の建物
日 時 平成29年6月8日(木)午後3時~午後5時
テーマ
産業医から見た自治体職員の倫理
-熊本地震対応を通じて-
講 師
藤井 可 先生( 熊本市役所産業医・学術博士(先端倫理学))
申込方法
当日会場にお越しください。事前申込みが可能な方は、6月6日(火)までに、
ご所属とお名前を下記の問合せ先までお知らせください。
駐車場は限りがありますので、できるだけ公共機関でお越しください。

お問い合わせ
マーケティング推進部研究推進課
人文社会科学系国際共同研究拠点担当096-342-2480  
k-senryaku※jimu.kumamoto-u.ac.jp(メール送信の際は※を@に換えてください)
イベントをカレンダーに追加 vCal iCal
タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity