現在位置: ホーム 研究 研究室探訪 森岡弘志研究室(大学院生命科学研究部薬学系)

森岡弘志研究室(大学院生命科学研究部薬学系)

研究室探訪

森岡弘志研究室
【大学院生命科学研究部薬学系】生命分析化学分野

Lab’s data【森岡研究室データ】

  • 研究テーマ
    1. 創薬・病態解析・治療法の開発に有効な抗体の分子工学的研究
    2. DNA複製・修復関連タンパク質の機能解析
    3. 創薬へ向けた疾患関連タンパク質の構造、機能、動態、分子間相互作用に関する研究


森岡研究室が開発した一本鎖抗体の分子モデル

  • メンバー
    森岡弘志教授、小橋川敬博准教授、大学院生6人(学振特別研究員1人)、学部6年生(薬学科)2人、5年生(薬学科)1人、4年生(創薬・生命薬科学科)3人、4年生(薬学科)2人、3年生(創薬・生命薬科学科)2人、3年生(薬学科)3人
  • OB・OGの進路
    熊本大学医学部附属病院、一般財団法人化学及血清療法研究所、久光製薬株式会社、コニカミノルタ株式会社、済生会熊本病院、今給黎総合病院、菊野病院、総合メディカル株式会社、株式会社ファーマダイワ、岩手県庁、鹿児島県庁 ほか

新たな抗体分子を創り医療に貢献したい!

 体を構成する最も重要な物質の一つであるタンパク質。その機能を解析し、病気の予防や診断、治療に役立つようなタンパク質を作ることで、創薬につなげる研究を行っているのが森岡弘志研究室です。中でも、生体内で異物を認識するタンパク質である「抗体」に着目。抗体分子中にある“抗原をとらえる働きを持つ領域(Fv領域)”のみをつなぎ合わせ、本来の抗体よりもはるかに分子量が小さい「一本鎖抗体」を作製し、その実用化を目指して研究を進めています。
 また、「チロシンキナーゼ」に関する研究も行っています。「チロシンキナーゼ」はがんをはじめとするさまざまな病気に深く関わるとされるタンパク質で、そのタンパク質の異常な働きを阻害する「チロシンキナーゼ阻害薬」は抗がん剤として使用されています。
小橋川敬博准教授を中心とするプロジェクトでは、「チロシンキナーゼ阻害薬」の薬物耐性のメカニズムに迫り、既存薬が抱える欠点を克服するための創薬に取り組んでいます。

 薬学領域における分析化学は、生命現象を“数字”で捉えて分析し、それを基に判断していく力が求められる学問です。「酵素活性や結合定数、熱量変化など、実験で得られた数値やデータをしっかり読み取り、理解につなげてほしい。そのプロセスを通じ、社会に出ても一つの現象についてしっかりと思考し、行動する力が身に付きます」と語る森岡教授。学生たちは、各自のテーマで研究を行っていますが、テーマは違っても手技・手法に共通点が多いことから、助け合いながら実験を進めています。
 森岡教授は「薬を創ることは、相当な努力が要求される一方、創造性とやりがいに溢れています。研究は結果が出れば華やかですが、それまでは地味な作業の繰り返しです。苦しい時も、粘り強くやり続けようと努力する人になってほしいですね」と、学生たちにエールを送ります。

Interview:

母の姿を見て知った薬のすごさ病気で苦しむ人を薬の力で助けたい!

薬学教育部創薬・生命薬科学専攻博士前期課程2年
山下 駿さん

 主な研究テーマは「簡易的なダイオキシンの検出系の開発」です。ダイオキシンの毒性の強さを測るとき、今ある測定方法では大まかにしか分かりません。もっと詳細に測定できる方法を、抗体を使って開発できないか探っています。タンパク質は、構成しているアミノ酸一つが変わるだけで、その性質が大きく変化するのが面白いところ。このようなタンパク質工学的な応用が、いずれは創薬につながるのではないかとも期待しています。
 私が薬学の道に進むことを選んだのは、持病で苦しむ母を長年見てきたためです。薬を飲むことで病状が変わるのを目の当たりにして、薬のすごさを思い知り、苦しんでいる多くの人を薬の力によって助けることができたらと思いました。
 薬学部は3年の4月という比較的早い時期から研究室に配属になるので、じっくり研究に取り組むことができました。来年の春には製薬メーカーに就職する予定です。これからも研究を続けていけたらと思っています。

密着!森岡研究室

生命現象を数字で捉えてものごとを判断する能力を養う、森岡研究室におじゃましました。

  • 10:30

    タンパク質がなくては始まらない!タンパク質を精製する「液体クロマトグラフィー装置」はほぼ毎日使う。
  • 11:00

    「SPRバイオセンサー」は分子と分子の結合を、質量の変化によってピコグラム単位で見ることができる。
     
  • 11:15

    遺伝子組換えタンパク質の調製をするため、協力し合いながら作業。研究テーマは違っても助け合う姿勢を大事にしている。
     
  • Aug.21-Aug.22

    メンバーの親睦を深めるため、毎年実施している研究室旅行。今年は8月21日~22日に、別府・大分へ行った。

(熊大通信54号(2014 AUTUMN)10月1日発行)

 

お問い合わせ
マーケティング推進部 広報戦略ユニット
096-342-3122
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity