現在位置: ホーム イベント イベント(生命科学系) 「第10回 生命資源研究・支援センターシンポジウム」を開催します

「第10回 生命資源研究・支援センターシンポジウム」を開催します

日時 2014年03月14日
13時30分 から 17時30分 まで

熊本大学生命資源研究・支援センターは『第10回 生命資源研究・支援センターシンポジウム』を開催致します。今回はセンター設立から10周年の記念シンポジウムであると同時に、浦野教授と山村教授の退職記念講演会を兼ねています。多数のご来聴をお待ちしております。

場所 熊本大学 生命資源研究・支援センター
アイソトープ総合施設・遺伝子実験施設棟6階 602講義室
キャンパスマップ 本荘地区 4番の建物
交通機関でのアクセス方法は、交通案内ページをご参照ください
対象 興味のある方
参加費 無料
申込方法 参加ご希望の方はWebにてご予約をお願い致します
問い合わせ先 生命資源研究・支援センター広報委員会(遺伝子実験施設)
096-373-6501
IRDA@gtc.gtca.※
(迷惑メールへの対策のため、メールアドレスの kumamoto-u.ac.jp を※に置き換えております)
主催 熊本大学 生命資源研究・支援センター

プログラム

13:30-13:40 センター長挨拶 尾池 雄一
13:40-13:50 初代センター長挨拶 佐谷 秀行(慶應義塾大学)
13:50-14:15 座長 加藤 秀樹(浜松医科大学)
『実験動物からバイオリソースへ』
筑波大学大学院人間総合科学研究科 実験動物学研究室 教授 八神 健一
14:15-14:40 座長 大杉 剛生(病態遺伝分野)
『遺伝子改変マウスを用いたウイルス感染症研究』
東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医学専攻実験動物学教室
 教授 久和 茂
14:40-15:05 座長 座長 吉田 進昭(東京大学)
『CRISPR/Casシステムを用いたマウスゲノム編集』
大阪大学 微生物病研究所 附属感染動物実験施設 教授
熊本大学生命資源研究・支援センター 客員教授 伊川 正人
15:05-15:30 座長 吉木 淳(理研 BRC)
『マウス表現型解析の標準化と疾患モデルマウス開発への新たな展開』
理研 BRC マウス表現型解析開発チーム チームリーダー
熊本大学生命資源研究・支援センター 客員教授 若菜 茂晴
15:30-15:45 休憩
15:45-16:30 座長 宮崎 徹(東京大学)
『疾患の遺伝学 〜遺伝子型と表現型〜』
熊本大学 生命資源研究・支援センター 病態遺伝分野 教授 浦野 徹
16:30-17:15 宮崎 徹(東京大学)
『疾患の遺伝学 〜遺伝子型と表現型〜』
熊本大学生命資源研究・支援センター 疾患モデル分野 教授 山村 研一
17:15-17:30 座長 尾池 雄一
総合討論
※シンポジウム終了後、懇親会を予定しております。シンポジウムおよび懇親会参加人数把握のため予約をお願いいたします。詳細はこちらをご覧下さい。

 

イベントをカレンダーに追加 vCal iCal
タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity