現在位置: ホーム 大学情報 広報 広報誌 WEBマガジン「KUMADAI NOW(熊大なう。)」 熊大ピープル WEBマガジン「KUMADAI NOW」地域の課題の解決にむけ、学び、考え、行動する人材へ![COC修了者インタビュー]

WEBマガジン「KUMADAI NOW」地域の課題の解決にむけ、学び、考え、行動する人材へ![COC修了者インタビュー]

地域課題の解決を自ら考える人材を育成するCOCコース

 熊本大学のさまざまな講義の中で、実際に地域が持つ課題解決を、地域に入って学んでいくのがCOCコースの講義。熊本大学が文部科学省から採択され、熊本地域の地方創生推進拠点(Center of Community)として、「活力ある地域社会を共に創る火の国人材育成」拠点の形成に取り組んでいるものです。
 その特徴は、Step1で熊本の歴史・文化・地域課題を深く知り、Step2でその課題を深く考え、学びを深めた後、Step3で実際に地域にでて、地域でのフィールドワークを通して課題解決を提案、具体的に行動する、と、段階を追った、課題解決手法の学びと実践が体験できるというところです。
 2017年3月10日、COCコース初となる4名の修了生に対し、修了証授与式が行われ、「地域課題解決プログラム修了証」が授与されました。

地域課題を考える力を、COC+でも活かしたい

 川俣亜佑美さん(教育学部地域共生社会課程2年)は、祖父が地域のまちづくりに携わっており、まちづくりや地域課題の解決をどのように行っていくか、に興味をもったことからCOCコースを受講しました。「私が住んでいるのは、昔からここに住んでいるという人も多い地域。さまざまな課題があり、その解決のために、祖父は考え、行動していました。今回、COCコースを受講し、特に天草でのフィールドワークで学んだことがとても大きかったと思います。実際に住民の方にお話を聞くことで、気づくことが多かったです。今後は、もっと地域志向の講義を受講して、学びを深めていきたいです。COC+にも参加したいですね」と語ってくれました。

その町ならでは、を見出すことの難しさを知った

 緒方李華さん(法学部法学科1年)は、地元ならではのことを学びたい、とCOCコースを選択しました。「肥後熊本学では、知っているようで知らない熊本のことをいろいろな視点で見ることを学びました」。そして、湯前町でのフィールドワークでは、「その町ならでは」を見出すことが難しいと実感。「どの町でもよい、のではなく、この町ならではを見つけて押していくことが大切だと感じました。将来は地方自治体に就職したいと思っているので、今回、現地を見て、学んだことが活かされていくと思います。熊本を知るという意味でも、たくさんの県外学生にも受講してもらいたいですね」。

フィールドワークで身についた、コミュニケーション能力

 江村和大さん(法学部法学科1年)は、「高校までとの学びとは違って、深く考える面白さがある」と、COCコースの特徴を話します。特に、湯前町でのフィールドワークでは、文献で得られる知識だけでは解決できないものが地域課題だと感じたそうです。「全国に当てはまる解決法もあるかもしれませんが、地域には特有の課題も多い。だからこそ、地元の人と話し合っていくことが大切だと思います」。グループで討論したり、地域の人にプレゼンしたりすることも多いStep3では、コミュニケーション能力も身についたと言います。「グループ間の疑問を話し合ったり、どうしたら分かってもらえるかを考えて工夫したりする能力が身についたな、と思います。これは、将来、とても役立つ力になるのではないでしょうか。本当に受講してよかったと思います」。

熊本に貢献したい、という思いを叶えてくれる内容

 野口真未さん(法学部法学科2年)は「熊本に貢献したい、熊本をもっと知りたい」という思いを持ってCOCコースに登録しました。「私は2年生で登録したのですが、フィールドワークの講義では、地域の方とのコミュニケーションを通して、私が予想していなかった多くの情報を収集することができ、現地に足を運ぶことの大切さを痛感しました。天草でのフィールドワークでは、健康に対する意識について、地元の漁師の方や住民の方々へインタビューをしましたが、地域の方の生の声を聞くことで、地域によって健康意識に違いがあることがよく分かりました。また、プレゼンでは、健康意識を高めるための政策について、行政の方に提案しましたが、政策として実際に実行に移すためには、難しい課題もあることが分かりました。フィールドワークに参加したことで、課題を解決するためには、現地の実態をよく把握し、いろいろな視点から、対策を考えることの大切さを学ぶことができました。是非、たくさんの学生にCOCを受講して頂き、熊本のことを学ぶきっかけにして欲しいです」。
 
 
(2017年3月30日掲載)
 
お問い合わせ
マーケティング推進部広報戦略室
096-342-3122

 

タグ:
ナビゲーション
 
  • Copyright©KumamotoUniversity